N-WGN リアカメラcarrozzeria「ND-BC7」を取り付け

N-WGNにリアカメラを取り付けました。

取り付けたカメラはcarrozzeriaの「ND-BC7」です。一般的なRCA映像端子接続に対応した汎用リアカメラです。

リアカメラ取付手順

リアライセンスガーニッシュを取り外しておきます。

関連記事:リアライセンスガーニッシュの交換

テールゲート部のウェザーストリップを外します。

2015070103

テールゲートアンカー部のトリムを外します。クリップ4ヶ所で固定されています。

2015070104

リアのサイドスカッフプレートを外します。

クリップ2ヶ所で固定されています。

2015070109

2015070105

リアサイドパネルを外します。

ロアパネルはクリップ2ヶ所、アッパーパネルはクリップ4ヶ所で固定されています。

2015070106

2015070107

2015070108

フロントのサイドスカッフプレートを外します。

クリップ3ヶ所で固定されています。

2015070110

Bピラー下部のトリムを外します。

左右からはめ込んであるだけなので、外側に開きながら外していきます。

2015070111

2015070112

足元のフューエルリッド、ボンネットオープナー部のカバーを外します。

クリップ2ヶ所で固定されています。

2015070113

シフトレバーを「R」にした時に映像が映るようにバック信号線を接続します。

上から3つ目のカプラーの白色コードがバック信号なのでエレクトロタップで配線します。

2015070122

電源ボックスは細くて小さいので、フロントのサイドシル付近に隠しました。

2015070121

テールゲートの純正カメラと同じ位置にリアカメラを取り付けます。

純正の取付位置よりもステーが短いのでカメラが奥になってしまいます。そのためリアライセンスガーニッシュがカメラ画像上部に映りこんでしまうので、できるだけ下側に取り付けます。

2015070116

配線はリアワイパー部のくぼみを利用して車内に引き込みます。

2015070114

2015070115

テールゲート右側に車内への配線引込口がありますので、この中に通していきます。

リアカメラのカプラーが大きく通すのに苦労しますが、ゆっくりと慎重に作業をします。

エーモンの配線ガイドを使用しましたが、太めの針金などでも代用できます。

2015070117

2015070118

テールゲートから車内に配線が出てきたら不要なコードを束ねて固定し、モニターまで配線します。

2015070119

2015070120

アクセサリー電源と映像コードを接続します。

carrozzeriaのFH系のモニターに接続する場合は、設定からリアカメラをONにします。

動作確認が完了したら、内装・リアライセンスガーニッシュを戻して完成です。

2015070101

まとめ

ステップワゴンの純正リアカメラとの比較です。

ガイドラインの表示はできませんが、視野角はND-BC7のほうが広く感じます。

2015070123

夜間の画像です。バックランプだけですが確認するには十分な明るさです。

2015062625

スポンサーリンク