グレイス発売 5ナンバーセダンの復活

スポンサーリンク

ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」が発売されました。

“EARTH DREAMS セダンシリーズ”の小型セダンとして、主要モデルがハイブリッドとなっています。

5ナンバーセダンの復活

シビックの国内販売終了以降、しばらくの間5ナンバーサイズのセダンは消滅していましたが、グレイスの発売で再び5ナンバーセダンが戻ってきました。

2015070810

画像:honda.co.jp

グレイスはフィットをベースとしたセダンで、ロングホイールベース化(フィット比+70mm)とリアシートの後方配置により、後部座席の広さは1クラス上のアコードに匹敵する広さを実現しています。

2015070813

画像:honda.co.jp

エクステリア

フロントグリルからヘッドライトに続く一体型デザインが特徴で、ヘッドライトの光源にはLED式を採用しているタイプもあります。

2015070809

画像:honda.co.jp

リアは左右のプレスラインから続く細身のテールライトが車両のワイド感を出しています。

2015070818

画像:honda.co.jp

トランクはハイデッキタイプで長さを絞っていますが、後部のハイブリッド用リチウムイオン・バッテリーの最適配置で、見た目以上の大容量化とトランクスルーを可能にしています。

特にトランクスルーはセダンで長尺物を積載するのに非常に重宝する機能です。

2015070812

画像:honda.co.jp

インテリア

インパネのデザインはフィットと共通ですが、装飾によって上級感を演出しています。

EXには本革シート仕様がオプション設定されています。

2015070811

画像:honda.co.jp

インテリアカラーはブラックが基本色となります。

LXの一部にはアイボリー設定がありますが、ボディカラーとの組み合わせではアイボリーが選択できません。

2015070814

画像:honda.co.jp

動力・燃費性能

HYBRID車

エンジンは1.5リットルのi-VTECエンジンに高出力モーターを組み合わせています。トランスミッションはフィットと同様に7速DCTを採用しています。

JC08モード燃費は、FFが34.4km/L・4WDが29.4km/Lとフィットに迫る燃費性能です。実用燃費としては、FFで24~27km/L、4WDで21~24km/Lあたりでしょうか。

ガソリン車

1.5Lの直噴i-VTECエンジンにトランスミッションはCVTを組み合わせています。

JC08モード燃費は、FFが21.8km/L・4WDが19.4km/LとHYBRIDには及びませんが、車両価格はHYBRID LXよりも29万円低くなるので総じてコストパフォーマンスは高いと思います。

グレード構成

4グレード構成でハイブリッドモデル中心の設定です。ハイブリッドのセダンとしては初めて4WDが設定されています。

HYBRID  DX…ベースモデル

HYBRID  LX…メインモデルでLEDヘッドライトやクルーズコントロールを装備

HYBRID  EX…パドルシフトを装備したスポーティ仕様

・LX…ガソリンエンジン仕様

まとめ

フィットベースの5ナンバーセダンといえば、過去にフィット・アリアがありました。

2015070815

画像:honda.co.jp

フィット・アリアはフィットのセダンタイプとしての位置付けでしたが、グレイスはハイブリッドに絞っていることからも、上級志向のセダンとしてアコードとフィットの間を埋めるモデルに仕上がっています。

セダンの販売台数は2000年の100万台から年々減少していましたが、近年は2012年…約21.6万台、2013年…約29.5万台と増加傾向にあります。

セダンの潜在需要はあると思いますので、グレイスがどこまで販売台数が伸びるか気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。