サンワサプライ「400-SP018」音質の良いUSBスピーカー

スポンサーリンク

サンワサプライのUSB・2.1chスピーカー「400-SP018」を購入しました。

明瞭な中高音とバランスの良い低音が特徴のPCスピーカーです。

操作レスのUSBスピーカー

400-SP018は電源にUSB給電を採用しています。さらに本体にはボタンはありません。

PCに接続すれば電源に連動してスピーカーもON/OFFされるので電源操作が不要なところが楽です。

音声入力はピンジャックのみに対応しています。(USBは給電機能のみ)

2015071130

通電時は常時イルミネーションが光り消灯ができません。

光が気になるようであれば、スピーカー内のイルミ用配線を断線すれば消えます。

(台座のクッションを剥がしてボルトを外せば、スピーカー内部にアクセス出来ます。保証対象外になるので自己責任で)

2015071132

スピーカーの重さは約250gで安定感があり、手に持つと重みを感じます。

本体は光沢のあるブラック塗装で高級とまではいきませんが、見た目の安っぽさはあまり感じません。

USB給電タイプでは珍しい2.1chタイプで、1.5インチのウーファーを左右のスピーカー下部に内蔵しています。

これによりコンパクトスピーカーながら低音域が強化されています。

2015071131

主な仕様

最大出力:2.5W+2.5W(5W)

周波数特性:60Hz~20KHz

各ケーブル長:スピーカー間…1m、スピーカー接続ケーブル…1.2m、電源用USBケーブル…1.2m

重量:約500g(2個)

使ってみて

設置

普段は12.1型のノートパソコンに接続しています。

左右のスピーカーケーブルは本体に直付けですが、1mの長さがあるので24インチディスプレイまでなら左右に設置が可能です。

2015071133

音質

本体に音質調整機能は無く再生機器側に依存します。

主にPC接続で音楽や動画視聴に使用していますが、中・高音域は明瞭感が高いです。ボーカルからハイハットのような高音まで良く聞こえてきます。

低音域はサブウーファーを搭載しているため見た目よりも出ます。

通常のサブウーファーのような強力な低音は無理ですが、ソースによってはそれなりに低音を感じられます。

スマートフォンに接続してみました。

USBのコンセント用アダプターを使えば、コンセントからの給電でも使えます。

2015071134

全体としては低~高音までバランス良く鳴る印象です。

PCやタブレットでの視聴やBGM用としては聞き疲れしなくて楽です。

その他

USB給電を利用して液晶テレビに接続することもできます。

イヤホン端子とUSBに接続すればテレビの電源に連動します。12畳のリビングで使用しましたが出力は問題ありません。

内蔵スピーカーよりも格段に良い音になります。(写真はPanasonic・TH-L50E60)

2015071135

まとめ

PCスピーカーは種類も多く価格の幅も広いですが、USB給電となると種類が少なく限られてしまいます。

高出力は無理ですが、デスクトップで使用するには全く不足はありません。PCのみならずUSB端子を装備した液晶テレビにも使えますので、用途は幅広く使えます。

良い点

・USB給電なのでACアダプター不要

・明瞭感の高い中高音域

・ウーファー内蔵のため、同クラスのPCスピーカーよりも低音域が豊か

注意したい点

・デザインやブルーのイルミネーションは好みが分かれそう

・ボリュームコントロールは接続機器側に依存

価格も手頃ですし気軽に聞くには使いやすいPCスピーカーです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。