N-BOXスラッシュ試乗 個性的でも実用性は十分

スポンサーリンク

ホンダ・N-BOXスラッシュ(SLASH)を試乗しました。

試乗車はXタイプ(FF)でディーラーOPのインターナビ装着車です。特徴の一つである内装を中心に見てみました。

パーソナル感覚が重視された内装

N-WGNとほぼ同じ全高ですが、乗り込んでみるとN-WGNよりも天井の低さを感じます。

天井とのクリアランスはN-WGNと同じ位なのですが、フロントガラスの面積が小さいのとピラーからルーフライニングまでブラックで統一されているため低く感じます。

Xタイプはサブウーファーがセンターパネル下に設置されているため少し出っ張りがありますが、左右のウォークスルーは一応可能でした。

2015071810

インパネのデザインはN-BOXと共通ですが、サブウーファーとツィーターの存在感が大きいです。

内装色は標準のブラックです。

シルバー部分はガンメタリック塗装されていてるため硬質感があります。

2015071811

フロントツィーター

2015071813

ドアライニングはシート生地ではなく、革調のビニール張りとなっています。

2015071816

ウーファー上部にはqi充電器があります。

2015071812

リアスピーカーとツィーターは上部にあります。

2015071814

ブラック内装はピラー部からルーフライニング部分も全てブラックになります。

2015071815

上級グレードのルームランプは標準でLED式です。

2015071817

N-BOXシリーズでは初めてリアシートスライド機構が採用されました。

2015071819

リアのルーフの形状が下がっているので乗り込むときは少し頭を下げる必要がありますが、実際に座ってみるとルーフに当たることはありませんでした。(私:身長175cmが座ってこぶし1個分のクリアランスがありました)

リアシートは座面下側と荷室の両側からスライドさせることができます。リクライニグのスイッチはN-BOXと同様に肩の部分にあります。

2015071818

趣味と実用を兼ね備えた面白いクルマ

試乗車はNAでしたが、N-WGNよりも車両重量が100kgほど重くなるため軽快感は薄いかな…という印象でした。

NAはECONモードOFFで実用レベルの動力性能なので、長距離や高速走行も考慮すれば動力性能に余裕のあるターボモデルのほうが良いと思います。

エクステリアは写真よりも実車の方がスタイリッシュです。

ルーフも低すぎない絶妙な高さで、外観から想像するよりも車内は広かったです。

N-BOXシリーズの個性派モデルではありますが、ベースの基本性能が高いので趣味と実用を兼ね備えた面白いクルマだと思います。

内装面は多少装飾に頼りすぎている感がありますが、全体的な質感は高く豊富な純正オプションと組み合わせて自分好みのクルマに仕上げられるのが楽しそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。