オデッセイがマイナーチェンジ「Honda・SENSING」を新設定

スポンサーリンク

ホンダ・オデッセイがマイナーチェンジをしました。

車体のデザインや装備品に大きな変更はありませんが、安全運転システム「Honda・SENSING(ホンダ・センシング)」が新設定されました。

2015072009

(画像:http://www.honda.co.jp)

Honda・SENSINGとは

sensingの意味は「感知や計測すること」と辞書にあります。

意味の通り、車両に搭載されたミリ波レーダー(遠くの物体の位置や速度の測定)と単眼カメラ(形や大きさの識別)を組み合わせて様々な道路状況を検知して、安全運転を支援してくれる総合システムです。

2015072010

(画像:http://www.honda.co.jp)

オデッセイに搭載されるシステムは、具体的には下記で構成されています。

衝突軽減ブレーキ(CMBS:Collision Mitigation Brake System)

ミリ波レーダーと車載カメラで車両や歩行者を検知します。

衝突の危険がある場合には警告音や表示がされます。回避行動が間に合わない場合は、車両が自動でブレーキをかけて衝突回避・被害軽減を図ります。

誤発進抑制機能

停車中または極低速走行時に前方の障害物をミリ波レーダーで検知して、アクセル踏み込みによる急発進を抑制してくれます。

先行車発進お知らせ機能

前の車が発進したことを警告音と表示で知らせてくれる機能です。

標識認識機能

車載カメラが走行中に道路標識を認識し、ディスプレイに表示してくれる機能です。

車線維持支援システム(LKAS:Lane Keep Assist System)

高速走行時に車載カメラが車線を認識し、車線の中央に沿って走れるようステアリング操作をアシストしてくれます。

また、車線から外れそうになると表示とステアリング振動で注意喚起をしてくれます。(65km/h以上で作動)

路外逸脱制御

車線から外れそうな時に、表示とステアリング振動で警告してくれます。

その後、車線内へ戻すようにステアリングをコントロールしてくれます。逸脱量が大きいと車が予測した場合はブレーキ制御を併用します。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC:Adaptive Cruise Control)

クルーズコントロール作動時、前走車に追随して速度(車間)を自動制御してくれます。

なお、オデッセイに搭載されているものは、レジェンドに搭載されている歩行者事故軽減ステアリングと渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールが省略されています。

今後の普及に期待

このHonda・SENSINGは、総合的な安全運転支援システムとしてレジェンド・オデッセイ・ジェイド・ステップワゴンと装着車が順次拡大されていくそうです。

今後、普及が進めば小型クラスのクルマに搭載される日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。