N-BOXがマイナーチェンジ 新デザイン、利便性アップ

スポンサーリンク

ホンダ・N-BOX、N-BOX+がマイナーチェンジしました。

2011年12月の発売以来、初めてエクステリアが新デザインに変更され、N-BOX・SLASHで採用されたリアシートスライド機構がオプション設定されました。

新デザインのエクステリア

一見すると変化の無いように見えますがノーマル、カスタムともにフロントグリルのデザインが新しくなりました。

2015080806

画像:honda.co.jp

2015080807

画像:honda.co.jp

ノーマルは新デザインのリアコンビランプに変わりました。

2015080809

画像:honda.co.jp

カスタム・ターボは、LEDポジションランプとLEDフォグライト、前後メッキパーツが追加されて最上級グレードとしての差別化が図られています。

また、カスタム全タイプにドアロックと連動して自動格納するオートリトラミラーが標準装備されます。

2015080808

画像:honda.co.jp

N-BOXから採用された2トーンカラーも多彩になりました。内装色や専用スマートキーもボディカラーに合わせた特別仕様になります。

2015080810

画像:honda.co.jp

インテリアは利便性が大きく向上

ようやくN-BOXでも設定されたリアシートスライド機能(チップアップ&ダイブダウン機構付)はシートバックテーブルとセットでノーマル・カスタムともGタイプ以外のグレードにメーカーオプション設定されます。

2015080814

画像:honda.co.jp

その他には、フロントにIR(遮熱)が付いたUVカットガラスと日差しを和らげてくれるとロールサンシェード(リアドア)がGタイプ以上に標準装備されます。

2015080813

画像:honda.co.jp

カスタム・ターボには専用のシート表皮(プライムスムース&トリコットコンビシート)仕様となります。

2015080812

画像:honda.co.jp

NAは燃費を改善

エンジンは従来通りのNAとターボの2種類ですが、NAは2WDの燃費が25.6km/Lに向上しています。

2015080811

画像:honda.co.jp

まとめ

今回のマイナーチェンジは外装変更を伴うものでしたが、エクステリアデザインの変更は最小限に留まり、装備の充実や利便性の向上に重点が置かれています。

今後、フルモデルチェンジまで大きな仕様変更はないと思われますが、N-BOXは発売から3年経った現在でもロングセラーを続けています。

自販連・全国軽自動車協会の資料によると、2015年1月の販売台数実績は18,643台(N-BOXシリーズ合計)と軽自動車ではトップ、普通車を含めた全体でもアクアの19,968台に次いで2位となっています。(3位はフィットの11,628台)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。