ジェイド発売「都市型」の新型ミニバン

スポンサーリンク

ホンダから新型ミニバンのジェイドが発売されました。

オデッセイとストリームを融合したロールーフ型のミニバンですが、2013年11月に中国で先行発売していたものを日本仕様(ハイブリッド化)しています。

2015073003

画像:www.honda.co.jp

「都市型」コンセプトを継承

オデッセイとストリームを融合したというジェイドのコンセプトは、「都市型ミニバン」という立体駐車場への駐車を可能にしたボディサイズからも垣間見えます。

2015073010

3台とも立体駐車場への駐車を可能とした全高ですが、特にジェイドはシャークフィンアンテナを除けば約1500㎜と最も低くなっています。

2015073002

画像:www.honda.co.jp

センターコンソール内にバッテリー

ミニバンながら中央にセンターコンソールを備えていますが、これは3列目のスペースを確保するために通常リアに搭載していたハイブリッド用バッテリーを、センターコンソール下に設置しているためです。

2015073007

画像:www.honda.co.jp

薄型の燃料タンクや排気システム、ダブルウイッシュボーン・サスペンションといった低床化技術を駆使して3列目の快適性を向上させています。

2015073004

画像:www.honda.co.jp

テールゲートはガラス部がシート上部まであり、3列目の採光に貢献しています。

2015073001

画像:www.honda.co.jp

特徴的なセカンドシートはスライド機構にV字スライドを取り入れています。

これはシートが前方への移動に連動して左右に開くようにスライドします。シートは中央のアームレストを高くしたデザインで個々の快適性を重視した作りになっています。

2015073005

画像:www.honda.co.jp

インパネデザインは木目の面積を大きく取って質感を高めています。センターパネルからコンソールに続くデザインはセダンのようです。

2015073006

画像:www.honda.co.jp

1.5L・i-VTEC+i-DCD搭載

エンジンは1500CCのi-VTECエンジンにスポーツハイブリッドを組み合わせたi-DCDを搭載しています。燃費性能はJC08モードで25.0L/kmの性能と優れた低燃費を実現しています。

最大出力は

・エンジンは131ps・最大トルクは15.8kgm

・モーターは29.5psで最大トルクが16.3kgm

システム全体での最高出力は152psとなっています。

2015073008

画像:www.honda.co.jp

シンプルなグレード構成

グレードはベースの「HYBRID」と上級グレードの「HYBRID X」とシンプルな2グレード構成となっています。

価格は、HYBRID…272万円、HYBRID X…292万円とやや高めの印象です。

装備は、ベースモデルでもサイド・カーテンエアバッグ・LEDヘッドライト・VSA・クルーズコントロールなど充実しています。上位グレードのHYBRID Xには先進の安全システムの「Honda・SENSING」が標準装備されています。(HYBRIDはメーカーオプション)

まとめ

オデッセイとストリームとの統合ミニバンとして発売されたジェイドですが、実際にはストリームの後継車としてのイメージが色濃く残っているように見えます。

ストリームと比べれば内外装や装備は確実に上回っていますが、ストリームが220万円前後のプライスゾーンだったのに対して、ベースで272万円となるジェイドの価格設定はハイブリッド車とはいえ少々気になる部分です。

【追記】

ダウンサイジングターボ搭載のスポーティグレード「ジェイド RS」が発売されました。

関連記事:JADEにスポーツモデル「RS」を新設定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。