Apple「Lightning Digital AVアダプタ」iPhoneの映像をHDMIで出力

iPhoneから映像出力をするため「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を購入しました。

これはLightning端子から映像と音声をHDMIで出力してくれます。

ディスプレイオーディオにHDMI端子が装備されているので、これを使ってナビアプリをディスプレイに表示してみました。

HDMIアダプターは純正品のみ

Ligntning端子から映像出力をするアダプターは純正品しか販売されていません。

(非正規品は幾つかあるようですが)

デザインは純正ということもあり、他の周辺機器同様にシンプルです。

2015071005

HDMI端子とLightning端子の両方を備えていますので、HDMI単独使用の他に充電しながらの使用も可能です。

2015071003

端末からアダプターまでのケーブルは短く手に持った時の操作性は悪くなります。

置いて使用するのが良さそうです。

2015071004

テレビに接続

リビングのテレビに接続してみました。(Panasonic・TH-L50E60:50インチ)

最近のテレビはUSB端子を備えているので同時に給電もできます。

2015071006

アダプターとテレビを接続して、テレビ側でHDMIに入力切替すると表示されました。

2015071007

画面は端末の回転に連動して縦と横に切り替わります。

Safariでホームページを表示してみましたが、50インチに映すと迫力が桁違いです。

2015071009

Safariではミラーリング表示されていますが、Youtubeはテレビのみの表示となりました。

全てがミラーリング表示できる訳ではないようです。

2015071010

ディスプレイオーディオに接続

本来の目的だった、純正オーディオのWX-151CPのHDMI端子に接続してナビアプリ「Yahoo!カーナビ」を表示しました。

関連記事:ディスプレイオーディオでカーナビアプリを使用

使ってみると実用性も高く、見た目・機能とも普通のカーナビのように使用できました。

解像度の関係から上下に少し黒帯が入りますが、iPhone5sの4インチ画面よりも1.5倍に大きくなるので見やすくなります。(インターナビポケットではないので、タッチパネルでの操作はできません)

音声も同時にHDMIから入力されるので、車両のスピーカーから音声案内が聞こえます。

2015071011

カーオーディオでHDMI入力を備えている機種はまだ少数ですが、一般的なピンジャック入力をする場合は、HDMI⇒コンポジット出力変換アダプターを使用すると、画質は落ちますが映すことができます。

画質や遅延について

このアダプターは端末の信号をストレートで出力するのではなく、内部で解像度を1600×900にエンコード処理した後、1920×1080でアップコンバートして出力をしています。

そのため画質が低下(ブロックノイズとか)や映像の遅延といった話題もありますが、実際に使った感覚では画質も遅延もほとんど気になりませんでした。

これはテレビに映した画面ですが、文字や映像もはっきりしています。

2015071008

まとめ

製品はとても便利なのですが、ネックはやはり純正品しか無いのと価格が高めということです。

それでもプロジェクターやテレビ、カーオーディオなどのHDMIに接続が可能となるので、用途が大きく広がります。

良い点

・大画面に映せば迫力ある映像でゲームや映像が楽しめる

・HDMIと同時に給電も可能

・画質や遅延は気にならないレベル

注意したい点

・純正以外に発売されていないこと

変換コンバーターを併用すればコンポジット端子(RCA)での出力も可能となります。

スポンサーリンク