タブレットで動画視聴 「ドルビーデジタルプラス」の効果

LaVie Tab Sはフロントにステレオスピーカーを搭載しています。

スペース制約の厳しいタブレットなので低音域は薄いですが、「ドルビーデジタルプラス」の効果で中高音域は聞き取りやすい音を出してくれます。

そこで不足しがちな低音域を補うために、USB接続の外部スピーカーを接続してみました。

ドルビーとは

ドルビーと聞くと、私のようなカセットテープ世代はラジカセやミニコンポに搭載されていたノイズリダクションが思い浮かびます。

当時、ほとんどのカセットデッキには下記のようなダブルDのロゴがありました。

2015081201

ドルビーの名称は、創業者レイ・ドルビーの「ドルビーラボラトリーズ」に由来しています。音声ノイズリダクション技術をライセンスする会社として1965年に設立されました。

このノイズリダクション技術とは、カセットテープなどのアナログ磁気テープで音声再生をした際に発生するヒスノイズ(磁性体の粒度やムラによるもので、サーっという音をするノイズのことです)を大幅に抑制する技術のことです。

創業当初はレコード会社などの業務用途向けが中心でしたが、1968年には民生用にもライセンス提供始まりました。

1970年には日本のオーディオメーカーであるNakamichi(ナカミチ)が、初めてノイズリダクション搭載のカセットデッキを発売しました。以降、ほとんどのカセットデッキでこのノイズリダクションが標準搭載となり広く使われるようになりました。

その後は映画分野にも進出をしました。

ドルビーサラウンドという臨場感のあるステレオサラウンドのフォーマットを映画館に普及させると、家庭でも同様のフォーマットであれば再生が可能となりました。こうしてドルビーサラウンドは映画でも標準フォーマットとして確固たる地位を確立しました。

現在もさまざまな音響技術を開発・提供していますが、ドルビーデジタルプラスはスマートフォンやタブレット端末での高音質な動画や音楽の視聴を可能にする技術のことです。

特徴的なのはアプリとして機能するのではなく、OSの機能の一部として動作するということです。そのためコンテンツやアプリなど端末から出力されるサウンド全般で効果があります。

ドルビーデジタルプラスを使ってみる

実際にLaVie Tab Sのドルビーデジタルプラスで聞いてみました。

コントロールパネルやヴィジットからONーOFFの操作することができます。

2015081204

詳細設定画面ではイコライザーやエフェクトの調整ができます。

2015081203

プリセットイコライザーは映画・音楽・ゲーム・ボイスの4種類で、他にもユーザーカスタマイズとして2種類が追加できます。調整はイコライザーの各周波数をタップして強弱を設定します。

他にも、音の広がりを高める「サラウンドバーチャライザー」、セリフや会話などを聞き取りやすくする「ダイアログエンハンサー」、音量をユーザーが設定した音量レベルに維持する「ボリュームレベラー」の機能があります。

設定画面内にあるデモ機能を使い、ONとOFFの音の違いをくらべてみました。

内蔵スピーカーでの再生

内蔵スピーカーは低音域が弱く中高音域が中心です。

OFFの状態は少しこもり気味でぼやけた音です。ONにすると音にメリハリがついて音質もクリアに変化しました。効果はそれなりに感じられますが、やはり映画などは低音が薄いため迫力に欠けてしまいます。

外部スピーカーでの再生

不足する低音を補うため外部スピーカー(サンワサプライの400-SP018)を接続しました。

関連記事:サンワサプライ「400-SP018」USB給電スピーカー

USB給電なのでマイクロUSB→USBの変換コードを使って接続すれば本体からが給電できます。

2015081202

鳴らした瞬間に低音の厚みが増して全体のバランスが良くなったと感じます。

デモの迫力も中々です。

2015081205

また、ドルビーラボラトリーズのHPにもデモがあり、実際の映画の1シーンで効果の違いを体感することができます。

歩く音や風の音など劇中のあらゆる音による演出がハッキリと聞き取れます。

2015081206

USB給電のスピーカーでも中々の迫力です。

デスクトップで聞くには十分な音量を出してくれます。

2015081207

まとめ

LaVie Tab Sに内蔵されているステレオスピーカーでも、ドルビーデジタルプラスを使えば効果は体感できます。しかし低音が不足するので映画などでは迫力に欠けてしまいます。

外部スピーカーを使用すれば、ドルビーモバイルとの相乗効果で迫力が増してより一層楽しむことができます。

スポンサーリンク