アクティ・バモスがマイナーチェンジ   

スポンサーリンク

ホンダ・アクティバン/トラックとバモス/ホビオがマイナーチェンジしました。

今回のマイナーチェンジはアクティ・トラックが中心となりますが、アクティ・バン、バモス、ホビオも小変更がされました。

マイナーチェンジ内容

アクティ・シリーズ

・燃費の向上(バン・トラック)

・アクティ・トラック(TOWN・SDX)に新色ナイトホークブラック・パールを追加

・アクティ・トラック(TOWN)に、IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウインドウガラス、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス、ハーフシェイド・フロントウインドウガラス、防眩ルームミラーを標準装備

・アクティ・トラック(SDX、ATTACK)に2スピーカーを標準装備

2015092905

画像:honda.co.jp

バモス/ホビオ

・燃費の向上(バモス/ホビオ)

・バモスに新色プレミアムスターホワイト・パールを追加

・バモスにEBD(電子制御動力配分システム)付ABSを標準装備

・ホビオGに、ワイパブルマットを標準装備

1999年登場の長寿モデル

バモスは1999年6月にアクティ・ストリートの後継車として登場して以来、幾度のマイナーチェンジを重ねて15年以上の長期にわたり生産されています。

2015092906

画像:honda.co.jp

直線を基調としたデザインと縦長のテールライトが特徴です。

2015092908

画像:honda.co.jp

前期モデルのインパネはオーディオスペースが1DINサイズで、メーカーオプションのナビを装着すると、インパネ中央上部にモニターが後付けされました。

2015092907

画像:honda.co.jp

前期モデルはリアシートがフロア下に収納できませんでしたが、後に改良されて収納できるように。

2015092909

画像:honda.co.jp

発売当初はNAのみの設定でしたが、2000年にはターボモデルを追加して動力性能を向上しています。

2015092910

画像:honda.co.jp

ターボモデルの内装色はスポーティなブラック基調に。

2015092911

画像:honda.co.jp

2015092912

画像:honda.co.jp

2001年のマイナーチェンジでは、インパネデザイン(オーディオサイズの変更1DIN→2DIN化)、フロントバンパー形状の変更、ローダウンサスペンション、13インチアルミホイールなどをセットにした「Sパッケージ」の新設定など大きく変更されました。

2003年には、ハイルーフ仕様で積載性を高めた姉妹車「バモス・ホビオ」が登場しました。デザインはアクティ・バンがベースになっています。

2015092917

画像:honda.co.jp

2015092916

画像:honda.co.jp

2007年のマイナーチェンジでは、再度フロントバンパーのデザインが変更されて現在のスタイルとなりました。

リアコンビランプのデザインは当時のステップワゴン・スパーダと類似のスモークタイプに変更されました。

2015092913

画像:honda.co.jp

中期モデル以降は形状変更の無いインパネですが、メーターデザインの変更、フロントシートへのアームレスト追加、リアヘッドレストの大型化といった小改良がされています。リアシートスライドは現在まで未採用です。

2015092914

画像:honda.co.jp

2015092915

画像:honda.co.jp

以降は特に大きな改良が無く、ボディカラーの整理や装備の見直し程度に留まっています。2010年にはバモス、ホビオ共にターボモデルを廃止、2012年には単一グレード化(ホビオProは継続)とモデル全体の縮小が続いています。

個性はあるのですが

基本設計が15年以上も前となるため、Nシリーズや最新の1BOXと比べると様々な部分で見劣りをしてしまいます。さらにターボモデルが廃止されたことにより、非力なNAモデルのみしか選べなくなってしまっています。

しかし、現在でも古さを感じさせない優れたデザインや静粛性・重量配分に優れたMRレイアウトとなど、バモスならではの良さはまだ残されていると感じます。

近年はマイナーチェンジでも改良がほとんど行われず、ただ残されているだけの扱いとなっているのが残念に思います。

近いうちにNシリーズをベースとした、フルモデルチェンジが予想されるので期待大ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。