S660 ホンダ軽スポーツの復活

スポンサーリンク

ホンダのマイクロスポーツ「S660」が発売されました。

ビート以来、久々のホンダ軽スポーツ復活に期待が高まります。

S660をカタログでチェック

2015032801

2015032803

細く切れ込んだテールランプとセンターマフラーが特徴的なデザインです。

2015032804

「フレームレッド」

2015032805

2015032806

前後ディスクブレーキを採用し、タイヤはS660として専用開発されたADVAN・NEOVAを履きます。

タイヤは前後異径サイズで、フロント・165/55R15、リア・195/45R16です。

2015032807

高回転型の660cc DOHCターボを搭載。6MTのレッドゾーンは7,700rpmと、CVTの7,000rpmよりも高く設定されています。

2015032808

ブルーは鮮やかな「プレミアムビーチブルー・パール」

2015032809

運転席側にオフセットされたインパネ。オーディオは専用設計のセンターディスプレイがメーカーオプション設定されます。

オーディオソースはUSB接続が基本となり、ディスプレイはメーター内に表示されます。メインユニットはDIN規格オーディオではないため交換は不可です。

2015032810

軽自動車初の新設計6速MT。1~5速は加速性を高めるためクロスレシオ化されています。

2015032811

シート表皮はαが本革×スウェード、βがメッシュ×ファブリックです。

※ボディカラーがホワイトのみ左右でシート色が異なります。(運転席:ライトグレー、助手席:ダークグレー)

2015032812

ビートのイメージカラーだったカーニバルイエローは「カーニバルイエローⅡ」に。

2015032813

シティブレーキアクティブシステムは全タイプでメーカーオプション設定されます。

2015032814

グレード構成はαとβの2種類です。メカニズムは共通となり内外装の装備品が異なります。

車両本体価格

α:2,180,000円

β:1,980,000円

2015032815

ボディカラーは全6色です。前述の他に下記の3色があります。

・プレミアムスターホワイト・パール

・アドミラルグレー・メタリック

・プレミアムミスティックナイト・パール

2015032816

主要装備と主要諸元です。

2015032817

2015032818

純正オプション

2015032802

オプションのフロント・リアバンパーは標準の大人しいデザインを一変させます。

2015032819

車速が約70km以上になると自動で上がり、約35kmで自動格納するアクティブスポイラー。運転席のスイッチで手動操作も可能です。

2015032820

スポーツサスペンション・ディスクローター・ブレーキパッドの設定があります。

2015032821

2015032822

2015032823

S660オリジナルの車検証ケースやコンソールサイドボックスも用意されています。

2015032824

オーディオはスピーカー交換が中心のカスタマイズとなります。

2015032825

2015032826

月産台数が少なく需要に供給が追いつくのは相当先になるようですが、街で走る実車を見るのが楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。