N-WGN ドライブレコーダーの取り付け

スポンサーリンク

アサヒリサーチのドライブレコーダー「Driveman 720α」を購入しましたのでN-WGNに取り付けました。

車載電源タイプなので、アクセサリー電源から直接配線する方法で取り付けます。

取付手順

購入したのは720αのフルセットで、車載用電源コードのほかにACアダプター、HDMIケーブル、micro-SDカードなどが付属しています。(電源コードのみ付属のシンプルモデルもあります)

2015092701

ガラスの汚れをクリーナーで落とした後、ブラケットをフロントガラスに取り付けます。

ブラケットには既に両面テープが付いていますが、色がグレーなので車外から見ると色が目立ってしまいます。

そこで黒色の両面テープに変えて車外から目立たないようにします。(耐熱温度の高い車用の両面テープを使用)

2015092605

2015092606

ブラケットと同じ大きさにカットします。

2015092702

両面テープはブラケットに貼ってからフロントガラスに付けると、中央に気泡が入ってしまうため、先にテープのみをフロントガラスに貼ってからブラケットを取り付けます。

2015092703

ブラケットを取り付けた状態です。

2015092704

電源コードの配線をします。

付属の電源ボックスが大きいのでダッシュボードから下側に通せません。そこでヒューズボックス付近から上側に向かって通します。

配線通しや針金を使用すると楽です。

2015092705

助手席のAピラーにはワンセグとETCのアンテナコードを通しています。

ここに電源コードを通すとノイズを拾ってしまうため、ドライブレコーダーの電源は運転席側に配線しました。

2015092706

ルーフとライニングの間にコードを隠していきます。

2015092707

アクセサリー電源とアースをつなぎます。

電源はヒューズボックス内に専用カプラがあるので、配線を作成して取り付けました。

関連記事:Nシリーズ電源取り出し用オプションカプラー

2015092708

ヒューズ電源を使って直接電源を取る方法も簡単です。

N-WGNの場合は運転席側の28番・29番がアクセサリー電源です。

2015092712

2015092612

写真は10A用

本体の角度調整をして完成です。

2015092709

本体はルームミラーと重なるため、車外からはあまり目立ちません。

2015092711

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。