N-WGNがマイナーチェンジ 新グレード「スタイリッシュパッケージ」を新設定

スポンサーリンク

ホンダ・N-WGNがマイナーチェンジしました。

注目はノーマルタイプでブラック内装を採用した「スタイリッシュパッケージ」の新設定です。

他にも新ボディカラーや装備の追加・変更、燃費向上など内容は多岐にわたります。

ノーマルタイプにブラック内装を追加

従来はベージュ内装のみだったノーマルタイプにブラック内装が新設定されました。このブラック内装は新設定の「スタイリッシュパッケージ」専用色です。

2015041610

画像:honda.co.jp

カスタムではブラック×バーガンディの組み合わせですが、スタイリッシュパッケージはブラックで統一されています。

2015041611

スタイリッシュパッケージ
画像:honda.co.jp

2015041612

カスタム
画像:honda.co.jp

カスタムはドアパネル外周部がシルバー塗装されているのに対して、スタイリッシュパッケージはブラック塗装です。

2015041609

画像:honda.co.jp

マイナーチェンジ内容

新ボディカラーの採用

N-WGNシリーズでは全11色となり、ノーマルタイプで8色、カスタムで7色が選べます。

2015041615

カスタムにミラノレッドが新設定
画像:honda.co.jp

あんしんパッケージのオプション化

従来はノーマルタイプ・カスタムともにG・Aパッケージ、ターボパッケージで標準装備だった「あんしんパッケージ」がマイナーチェンジ後は全タイプでオプション化されます。

※あんしんパッケージ:シティブレーキアクティブシステム+サイド・カーテンエアバッグのセットオプション

使いやすさの向上

・軽く操作すると3回点滅する「ワンタッチウインカー」を採用

・エアコンがプラズマクラスター付きに変更(ノーマルタイプのGグレード以外)

・紫外線カットや日差しを遮熱するガラスをノーマルモデルにも拡大採用(採用ガラスはタイプ毎に異なります)

・ドアロックに連動してドアミラーを自動格納する「オートリトラミラー」をノーマルタイプ・カスタムともにG・Lパッケージ以上に標準装備

・ナビ装着用スペシャルパッケージをノーマルタイプ・カスタムともにG・Lパッケージ以上に標準装備

燃費性能の向上

NAエンジンの改良に伴い、JC08モード燃費がFF・4WDともに従来よりも0.2km/L向上しています。

実燃費への影響はほとんど変わらないと推測されますが、実際は2015年度新税制基準におけるエコカー減税の免税が受けられるようするための措置です。

なお、ターボエンジンは変更がありません。

2015041613

画像:honda.co.jp

グレード展開

マイナーチェンジ後のグレード展開は下記の通りです。

【N-WGN】

Gタイプ(ベースタイプ)

G・Lパッケージ(ディスチャージヘッドライトなどを装備した上級タイプ)

G・スタイリッシュパッケージ(Lパッケージのほかにブラック内装やクルーズコントロール、アルミホイールなどを装備)

G・ターボパッケージ(ターボエンジン搭載タイプ)

【カスタム】

Gタイプ(ベースタイプ)

G・Lパッケージ(クルーズコントロールやクオリティインテリアなどを装備した上級タイプ)

G・ターボパッケージ(ターボエンジン搭載タイプ)

あんしんパッケージがオプション化されたことにより、名称も「Aパッケージ」から「Lパッケージ」に変更されました。

まとめ

発売後、初のマイナーチェンジとなりましたが、1年半ということもあり外装の変更は無く、性能向上や装備の充実など利便性を高める手堅い内容となっています。

モノトーンでまとめられたスタイリッシュパッケージのブラック内装は、カスタムとは違った落ち着きがあり良さそうですね。

2015041615

ブリリアントスポーティブルー・メタリック
画像:honda.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。