ヴェゼルがマイナーチェンジ 装備追加と4WDの設定拡大

スポンサーリンク

ホンダ・ヴェゼルがマイナーチェンジしました。

2013年12月の発売以来初のマイナーチェンジとなりますが、エクステリアの変更は無く快適装備・ボディカラーの追加、ガソリンモデルに4WDを追加といった内容になっています。

マイナーチェンジ内容

・IRカット(遮熱)/UVカット機能付フロントウインドウガラスを全タイプに標準装備

・全タイプのフルオートエアコンがプラズマクラスター付きに変更

・ナビ装着用スペシャルパッケージにHDMI入力端子とUSBジャック(1ヵ所)を追加(純正ナビ「Gathers」のHDMI入力付モデルに対応)

・FF車のフロントダンパーに採用されている「振幅感応型ダンパー」をリアにも採用(若干固めと言われている乗り心地の改善)

・HYBRID Z、HYBRID X・Lパッケージにスムースレザー製の本革巻ステアリングホイールを採用

2015042803

画像:honda.co.jp

・ガソリンモデルのXに4WDを新設定

ガソリンモデルの4WDは最廉価タイプのGのみの設定でしたが、中間タイプのXにも新設定されました。

HYBRID・Xとは350,000円もの価格差があるので、ハイブリッド不要のユーザーには最良モデルとなりそうです。

ガソリン Xタイプ

画像:honda.co.jp

・ハイブリッド車にゴールドブラウン・メタリックを新設定

ジャズブラウンインテリアが似合うボディカラーです。

画像:honda.co.jp

・HYBRID X・Lパッケージにジャズブラウンのインテリアカラーを新設定

従来はFF専用モデルのHYBRID Z専用インテリアでしたが、4WD専用モデルのHYBRID X・Lパッケージにも新設定されました。

画像:honda.co.jp

2015042802

画像:honda.co.jp

まとめ

発売以来スタイリッシュなデザインと高い質感でSUVカテゴリー最多販売のヴェゼル。

今回のマイナーチェンジでは市場のニーズに応える魅力を高めた変更となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。