S660に試乗 走ることが楽しくなるクルマ

スポンサーリンク

ホンダ・S660に試乗しました。

発売されてからずっと試乗をしてみたいと思っていましたが、機会があり1時間ほど試乗をさせてもらいました。

試乗したのはαのCVTモデルです。

走りたくなるデザイン

第一印象は「低い!」

僅か1180mmの全高と、四隅に配置されたタイヤは軽自動車ながらスポーツカー然としたスタイルで、走りたくなるようなワクワクするデザインです。

フロントの「マイルド感」とリアの「アグレッシブ感」を融合したデザインはMRを強調しているように見えます。オープンカーですがロールトップを取り外した状態は、タルガトップに近いデザインです。

2015052411

2シーターを表現するリアのエンジンフード。後続車へのインパクトも大きいです。

2015052428

スリットから「HONDA」のエムブレムが。こういう演出は個人的に大好きです。

2015052429

サイドまで大きく回り込むテールライト。

オプションのアクティブスポイラーが装着されていました。

2015052602

ドライバー中心のコックピット・デザイン

サイドシルとほぼ同じ高さに位置するバケットシートに乗り込むと、特徴的なセンターパネルとφ350mmの異型ステアリングが目に入ります。ドライバーを中心に囲むインパネデザインは、まさにコックピットのようで気持ちが高まります。

シートは沈み込むように座るのでアイポイントがかなり低くなります。ちょうどバスタブに浸かっているような感じです。

バケットシートはサイドサポートに適度な挟まれ感があり、しっかりと身体をホールドしてくれます。

2015052412

センターコンソールにはドリンクホルダーが1箇所あります。その前には小物が置ける浅めのトレイがあります。

2015052501

ドアにはカーボン調のドアライニングが装着されています。パワーウインドウは運転席、助手席とリアの合計3つのスイッチがあります。

2015052418

助手席側のインパネにはソフトパッドが装着されます。ステッチは実際の糸ではなく樹脂形成されたダミーですが、見た目の雰囲気は良いです。

2015052425

グローブボックスは車検証・マニュアル類が入れられる容量が確保されています。

2015052426

ロールトップ内側(車内)はこのようになっています。中央と左右で固定しますので走行中のバタつきも無く快適でした。

2015052424

メーターは中央にデジタル表示の速度計があり、周囲にタコメーターが配置されています。右側には燃料計やトリップメーター、左側はシフトポジションや瞬間燃費計が表示されます。

スポーツモードにすると照明がレッドに変化し、瞬間燃費計がターボブースト表示に切り替わります。(同時にアイドリングストップもOFFとなります)

2015052423

二択の純正オーディオ

試乗車にはメーカーオプションのセンターディスプレイが装着されていました。

ポータブルナビのようなデザインですが、背面に専用のカバーが取り付けれられていて、車外からの見た目は思ったよりも悪くありません。

オーディオはエアコンパネルと一体型のデザインです。そのため純正オーディオは標準仕様とセンターディスプレイ付きの二択となります。

シフトレバーの奥にはアクセサリーソケット・HDMI端子、USB端子が装着されています。オーディオ表示に加え、運転中にかかる前後左右の加速G、アクセルペダル開度、ブレーキ圧といった走行状況を表示することができます。

2015052431

後方視界が良くないのでリアカメラが必須です。

2015052422

オーディオは一般的な1DIN規格ではないので市販オーディオへの換装は難しいです。(今後、アフターパーツが発売されるかもしれません)

ダンパー付きのボンネットを開けると、中央にロールトップ収納スペースがあります。容量は少ないですが、ロールトップ使用時はここが収納スペースとなります。

2015052413

エンジンは普通だが「雰囲気」を上手に演出

S660に搭載されるエンジンはNシリーズで搭載されているS07A型ターボを、S660用に専用チューンしています。

2015052414

ベースとなるエンジンが普段乗っているN-WGNと同じなので、大きな違いは感じられませんでした。

直ぐ後ろにエンジンがあるため、大きめのエンジン音が車内に入っていきます。音の自己主張が強いですが、S660に限ってはこれも「サウンド」として運転を楽しむ要素の一つになっています。

また、マフラー音やブローオフバルブ音で上手に雰囲気が演出されています。こうした効果で「スポーツカーに乗っているぞ!」という高揚感は得られます。

走った印象は、発進時に僅かなタイムラグを感じますが、ターボが効き出すと直ぐに巡航速度に到達します。アイポイントが低いため実際のスピード以上に加速感を感じます。

イージードライブならCVTですが、やっぱり6MTに乗りたくなります。

キビキビした軽やかなハンドリング

軽では稀な4輪ストラットとMRレイアウトによる最適重量配分により、ハンドリングが軽やかでキレがあります。ラインを思った通りにトレースしてくれるのでコーナリングが気持ち良いです。

サスペンションは見た目よりも乗り心地がマイルドです。段差などでは多少の突き上げ感もありますが、十分許容範囲です。

2015052421

まとめ

S660良いですね。

とにかく乗っていて楽しいクルマです。1時間の試乗時間でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。

今回はCVTでしたが、これが6MTだったらもっと楽しいな…と思ってしまいました。

普段走っている道で試乗しましたが、S660で走ると全く違った印象で、ずっと走っていたくなる気持ちになります。単純に速さを求めるクルマではなく、限られたパワーを存分に楽しむための魅力がS660には詰まっています。

2015052603

記念に2ショット

最後に、実用性(特に荷物)については想像通り厳しいです。助手席とボンネット内に僅かなスペースがあるのみで、1名なら何とかなるかもしれませんが、2名乗車なら手荷物ですら置場に苦慮する事態になります。2名乗車でオープンにしたら、ハンドバッグくらいしか…

しかし、この手のクルマを所有するには、そういったデメリットも享受することが必要なんだと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。