カーエアコンのフィルター交換 DIYで格安に

スポンサーリンク

カーエアコン用のフィルター(ホンダではエアクリーンフィルターと呼びます)の交換をしました。

ディーラーや整備工場で交換をしてもらうと、工賃込みで5,000円~6,000円と意外に高いですが、実際の作業は非常に簡単です。

自分でエアクリーンフィルターを準備すれば、半額以下で交換することができます。

交換方法は取扱説明書にも記載

取扱説明書を見ると、「エアコンのお手入れ」としてユーザーができるメンテナンスとしてエアクリーンフィルターの交換方法が記載されています。

2015082609

フィルターのメーカー推奨交換時期は1年毎または走行距離15,000km毎です。

使用状況にもよりますが、実際にN-WGNでは1年で12,000km走行した状態でかなり汚れていました。

なお、エアクリーンフィルターは使い捨てのため、水洗いやエアブローでの再使用はできません。

2015082611

フィルターの購入はネットで

フィルターはカー用品店などでも販売されていますが、ネットで購入するのが最も安いです。(実売価格で2,000円程度で購入可能)

購入したのはデンソー製の「クリーンエアフィルター」です。

デンソーなら純正カーエアコンメーカーとしての信頼と安心感がありますね。

2015082612

2015082613

購入の際には、事前に適合するフィルターをデンソーのHPページから調べます。

N-WGNを含むNシリーズは「DCC3003」です。

純正は白色ですが、デンソー製は緑色です。

純正との違いは色だけなく、デンソー製は左右にスポンジが付いていますので隙間になく密着するようになっています。

2015082614

交換時期を記入するラベルも同梱されています。

2015082615

交換作業はとても簡単

N-WGNの交換例です。

グローブボックスの左右を押しながら下げます。

2015082616

奥にある白いボックス内にフィルターが入っていますので、左右にあるツメを押しながらカバーを外します。

2015082617

カバーを外したら、中のフィルターを引き出して新品と交換します。

2015082618

フィルターは上下の方向が決められています。風が上から下に通るので刻印の通りに入れます。

2015082619

見えない部分だからこそ定期的な交換を

普段は目にすることの無いフィルターですが、取り出したものを見てみるとかなりの汚れ具合に驚きます。

フィルター交換後は目詰まりが無くなり、風量が増しました。

良い点

・部品代のみ(2,000円前後)で交換可能

・デンソー製なので安心

・交換は非常に簡単

注意したい点

・購入に際しては適応品番を事前に確認

・フィルターの挿入方向(上下)を間違えないように

自分で交換すれば費用も抑えられますので、定期的な交換でも負担は軽くなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。