ステップワゴン ダブルホーンの取り付け

スパーダにはダブルホーンが標準装着されていますが、鳴らしてみると…何だか頼りない音が。

そこで以前に取り付けた、MITSUBAの「プラウドホーン」をステップワゴンにも装着しました。

作業手順

最初にフロントバンパーまでを外しておきます。

関連記事:フロントバンパーの取り外し

左右に純正ホーンが付いています。

2015062818

装着するのはMITSUBAの「プラウドホーン」

小型ですが良い音を出します。

2015062823

純正カプラーからの変換コードも用意しました。

これを使えば配線加工不要で簡単に取り付けられます。

2015062803

左右の純正ホーンを取り外します。

2015062819

外したカプラーに変換コードを取り付けます。

2015062820

ホーンに変換コードとアースを取り付けて車両に固定します。

小型ホーンなので純正と同じ場所に取り付けが可能でした。

2015062822

運転席側

2015062821

助手席側

後はフロントバンパーを元に戻して完成です。

まとめ

標準の「ビーッ」という頼りない音から、「ファーン」と音質が劇的に変わりました。MITSUBAのホーンは下品な音にならない所が良いです。

スパーダのように標準でダブルホーンが装着されていれば、通常はリレー不要なので取り付けが簡単です。

また、小型なので純正の取付場所に置き換えることができます。

配線はギボシ端子などで加工しても良いですが、純正変換コードを使えばワンタッチなので作業効率がグンと上がります。

スポンサーリンク