「ヘッドレスト用タブレットホルダー」を取り付け

スポンサーリンク

購入したリヒター社製のタブレットホルダー「HEADREST TABLET KIT」を取り付けました。

リアシート用モニターとしてタブレットを装着する計画ですが、ちょうど軽自動車とミニバンの2台がありますので、両方に装着して検証をしてみました。

軽自動車(N-WGN)の場合

取り付け

ヘッドレストのシャフト部に固定するだけなので、特に難しくはありません。

シャフト部にマウントを合わせたら、ネジで締め付けて固定します。

2015080845

シッカリと押さえつけるのでグラつきはありません。

2015080846

マウントの向きとホルダー部の角度を調整します。

2015080847

マウントはシャフト部に固定されるためシートの角度に依存しますが、タブレット自体はホルダー固定部のボールジョイントで角度調整ができます。

2015080850

ホルダーをセットして完成です。

2015080849

マウントを上下逆に取り付けると、シート後方に設置することもできます。

ホルダー固定部は360°回転します。

2015080851

2015080852

最近のタブレットは薄型なので、厚みに関しては十分な余裕があり、ケースを装着した状態でも大丈夫でした。

2015080853

リアシートから見た状態

距離が近いので8インチでも十分な大きさです。

2015080914

ミニバン(ステップワゴン)の場合

取り付け

シャフトがN-WGNよりも太いですが、問題なく取り付けできました。

しかし気になる部分が。

シートに厚みがあるため締め付け用のノブが当たってしまい、ヘッドレストがかなり上がった状態になってしまうことです。

機能的にはこのまま使っても大丈夫ですが、見た目が良くないので少し細工をしました。

2015080903

締め付け用ノブのネジを調べたら「M6×50mm」でした。そこで同規格のネジをホームセンターで購入して取り替えます。

2015080904

交換前後で高さはこれだけ低くなりました。

2015080907

ネジの交換後はヘッドレストの位置が低くなり、さらにマウントを伸ばして固定することも可能となりました。

結果、標準よりもさらに中央寄りに設置することができます。

2015080908

標準での位置

2015080909

マウントを伸ばした状態での位置

2015080910

標準での状態

2015080912

マウントを伸ばした状態

2015080911

サードシートから見た状態

セカンドシートでは十分な大きさですが、サードシートからでは少し小さい感じがしますので、9~10インチが良さそうです。

2015080913

まとめ

細工をしましたが、結果1列目と2列目のウォークスルーを遮らない、絶妙なポジションにタブレットを固定することができました。

ガタつきも無くシッカリと保持してくれます。

私が使っているのはSIMフリータブレットなので単体で通信ができますが、Wi-Fiモデルでもスマートフォンのテザリングを使えば通信可能です。

また、価格の安い型落ちのタブレットを選ぶ方法もありますね。

今後の課題としては…

音声

オーディオ側にBluetooth機能があれば車両スピーカーから音を出すことができます。しかし装着している純正ナビ(VXM-145C)は、Bluetooth付ですが使えるのはハンズフリー機能のみ。

外部入力(AUX)はあるのでレシーバー経由で使う方法もありますが、音質や遅延が気になるので有線接続をします。

バッテリー

映画1本分は持ちますが、長距離ですと給電が必要になります。

これはアクセサリー電源からUSBケーブルを延長して、給電しながら使用できるようにします。

関連記事:充電・音声ケーブルの配線

2015080916

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。