N-BOXにアイドリングストップキャンセラーを取り付け

スポンサーリンク

ブログをご覧いただいたAuxiliaryPartsさんより、「iストップメモリーユニット(アイドリングストップキャンセラー)」のモニター品をご提供いただきました。

ご提供いただいたのは、Nシリーズ(N-BOX・N-ONE・N-WGN)共通で使用できる「マイナスコントロール用」です。

早速、N-BOXに取り付けてみました。

取り付け

取り付けに必要なエレクトロタップが3個付属しています。

2015082916

各配線の接続先は下記の通りです。

赤色…イグニッションONで12V(イグニッション電源orアクセサリー電源)

白色…アイドリングストップ信号

黒色…アース

N-BOXのECONスイッチはパネルが独立しているので、内装外し使えばで簡単に外れます。

2015082908

コルゲートチューブで覆われているので、5cmほど切り取りってコードを出します。

2015082909

ECONスイッチのコードは下記のようになっています。

若草色コード…アイドリングストップOFF信号

桃色コード…イルミ

黒色コード×2…アース

電源は、ヒューズ電源やオプションカプラから取ります。

関連記事:Nシリーズ 電源取り出し用オプションカプラ

2015092612

画像は10A用

付属のエレクトロタップで配線します。

若草色コード(ECONスイッチ)→ 白色コード(iストップメモリーユニット)

黒色コード(ECONスイッチ)→ 黒色コード(iストップメモリーユニット)

アクセサリーorイグニッション電源 → 赤色コード(iストップメモリーユニット)

【追記】VSAコード(水色)に電源を配線すると、動作が不安定になる事象がありました。

2015082912

結束バンドで配線を固定後、パネルを戻して完成です。

2015082913

まとめ

エンジン始動後、数秒でECONモードが解除になります。

Nシリーズはマイナスコントロール用が共通です。

注目したいのは最安値となる価格で、本体と取り付けに必要なエレクトロタップが付属してきます。

機能は他と変わらないので、装着するならこちらをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。