リアモニターに最適 carrozzeria 9インチワイドVGAモニター「TVM-W910」

スポンサーリンク

リアモニターとして、carrozzeriaの「TVM-W910」を取り付けました。

フリップダウンタイプと迷いましたが、見やすさと価格を重視してアーム取り付けタイプを選択。

手頃な価格ながら9インチサイズとHDMIを装備したコストパフォーマンスの高いモニターです。

ピアノブラック調の外観

ベゼルがピアノブラック調なので見た目の高級感があります。

スイッチが上部に集約されていているので、正面はスッキリした印象に。

なお、リモコンは非対応です。

2015090639

画面はノングレアなので映り込みがありません。

2015090638

背面には左側にスピーカーがあります。

入力はステレオですが出力はモノラルスピーカーなので、主にカーナビ用途向けですね。

2015090640

右側にはHDMIと専用インターフェースケーブル端子があります。

助手席側への装着を想定しているため、左側には何もありません。

2015090641

HDMIは、別売りの専用HDMIケーブル「CD-HM020(2.0m)」接続時に付属のカバーを取り付けることができます。

通常のHDMIケーブルも使用できますが、カバーは装着できませんでした。

側面挿しは端子にテンションが掛かるので、カバーを使わなければL字型のHDMIケーブルを使うのが良さそうです。

2015091315

各種スイッチは上部に集約されています。

左からイヤホン端子、画面モード/設定、ディマー、ボリューム、電源/ソース切替ボタンです。

電源は、ONの状態でエンジンを停止すると、再始動後は自動でONになります。

2015090642

下部はカメラねじ対応の固定金具が取り付けできます。

2015090643

付属品

モニター用アーム

作りは頑丈な感じです。付属のアームカバーは上下から挟む構造になっています。

取扱説明書には記載がありませんでしたが、曲がった部分は取り外せるのでアームの長さを調整することができます。

2015090644

専用インターフェースケーブル

1本にコードが集約されているので接続・配線作業が楽です。

長さは3mあるので、助手席からの配線であれば十分足ります。

2015090637

アームの長さ調整

アームと本体を取り付けた状態です。

関連記事:リアモニターの取り付け

2015091208

標準状態ですと、ほぼ中央に持ってくることができます。

ただ、この状態ですとウォークスルー時に支障があるので、助手席寄りにオフセットしました。

2015091211

アームの長さ調整

アーム部の3ヶ所のボルトを付属の六角レンチで外します。

このような状態になるので、曲がった部分を外すことができます。

2015091212

先端も同様に外して詰めると、このようになります。

2015091213

上下左右の角度調整も問題なくできます。

アームを180°回転させれば、モニターをシート中央に持ってくることも。

2015091215

アームレストと同じ位置になり、ウォークスルーがしやすくなりました。

2015091317

正面から見てもアームはそれほど目立ちません。

2015091316

各種設定

本体の設定はメニュー画面から行います。

2015091305

画質は家庭用テレビと同様にスタンダード・ダイナミック・シネマ・ユーザー設定の4種類から選ぶことができます。

さらに各パラメータで微調整が可能です。

2015091304

リアモニターとして使う場合、通常は音声をカーオーディオやナビから出力するので、内蔵スピーカーは使用しませんが、高音・低音の強弱が設定できます。

2015091306

入力名称表示は、好みで「DVD」や「GAME」などに変更することができます。

2015091307

見やすいノングレア液晶と良好な画質

モニターは映り込みを抑えたノングレア液晶です。車載用ということもありコントラストが割と高めなので昼間でも良く見えます。

DVDプレーヤーからRCA端子で入力していますが、画質は思っていたよりも良い…というのが印象です。

アナログ入力なので色の滲みは多少ありますが、上手に抑えられていますので通常視聴なら十分な画質です。

2015091401

画像:GUNDAM UC vol.1

それと、便利なのが9インチのみに装備されるオートディマー機能です。

周囲の明るさに応じてコントラストを自動調整してくれるため、夜間やトンネルなどの暗い時には減光して眩しさを和らげてくれます。

まとめ

carrozzeriaらしく画質・設置性・デザインなど、車載モニターとしての基本性能が優れています。

TVM-W910はHDMI端子も装備しているので、モバイル機器の接続にも対応した拡張性の高さもメリットです。

良い点

・RCA入力でも割と画質が良い

・HDMI端子を装備(TVM-W910のみ)

・ディマー機能付き(オート機能TVM-W910のみ、TVM-W710は選択式)

注意したい点

・リモコンは非対応

・アームに適応するシャフト径は13mmまで

※13mm以上の太さの場合は、加工などが必要になる場合も

機能面ではTVM-W910の方が充実していますが、軽自動車やコンパクトカーはリアシートとモニターの距離が近くなるので7インチの方が良さそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。