carrozzeria「DVH-570」での動画再生方法

スポンサーリンク

carrozzeria「DVH-570」は、USBメモリやディスクに保存した動画を再生させることができますが、対応したファイル形式に変換する必要があります。

変換方法についてまとめました。

再生可能なファイル形式

DVH-570で再生するには、動画ファイルをDivX形式に変換する必要があります。

ここではフリーソフトの「XMedia Recode」使用します。

多くの動画ファイル形式に対応しており、簡単な操作で他のファイル形式に変換してくれます。

インストールします。公式サイト

※詳細な使用方法は、ググればたくさんあるので割愛します。

形式タブ

①…変換したいファイルを取り込みます。

②…ファイルの詳細が表示されます。(直接ドラッグしてもOK)

③…プロファイルはカスタム、形式・拡張子はAVIとします。

④…出力先は任意の場所を指定します。

2015092301

映像タブ

①…映像タブを選択します。

②…コーデックはXvid、FourCC(識別子)もXvidで大丈夫でしたが、再生できない場合はFoueCCを「DX50」とします。

ビットレートは1000~1500あたりで。(車載モニター程度なら画質の差は特に気になりません)

2015092302

音声タブ

①…音声タブを選択します。

②…コーデックはMP3、ビットレートは128kbps以上にします。

2015092303

字幕タブ

①…字幕があれば、必要なものだけを選択できます。

2015092304

クロップ/プレビュータブ

①…DVH-570の場合、解像度は幅700以下とします。(これ以上だと再生できませんでした)下のアスペクト比を「保持」にすれば高さは自動計算されます。

②…ここで動画を分割することができ、最終的に別々のファイルとしてエンコードされます。

③…設定が終了したらリストに追加。

④…エンコードを開始します。

2015092305

進捗状況が表示されます。

PCの性能にもよりますが、特に長時間動画は時間が掛かります。

エンコードが終わればファイルが出力されます。

2015092306

まとめ

変換方法は他にもありますが、「XMedia Recode」は比較的簡単で使いやすいです。

ここで紹介したのは一例なので、好みに合せて調整してみてください。

エンコードしたファイルは、おおよそ1/3程度のデータサイズになります。

サイズの大きいファイルは、再生時の読み込みに多少時間が掛かりますが、USBにまとめて入れられるのはメリットが大きいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。