カップで使えるドリッパー HARIO「ペーパーレス・カフェオールドリッパー」

スポンサーリンク

気になっていたペーパーレスのドリッパー。

普段はペーパーフィルターで淹れたりバリスタを使っていますが、手軽にドリップできるのと味が変化するということで、HARIO(ハリオ)の「ペーパーレス・カフェオールドリッパー」を使ってみました。

カップの上に置いて

HARIOのペーパーレス・カフェオールドリッパーは1杯用と1~4杯までの2種類があります。

これは1杯用。

2015111102

取り扱い方法は箱に記載されています。

2015111103

2015111104

ドリッパーとアタッチメントが同梱されています。

2015111105

メッシュフィルターはステンレス製で、12gと15gの目盛りが付いています。

通常は12gで、濃くするなら15gで。

2015111106

構造がシンプルなので洗浄しやすいです。

2015111107

使用するカップの大きさに合わせて、アタッチメントを使います。

カップ口径は5cm~10cmまで対応しています。

2015111108

コーヒーを淹れてみる

カップに乗せてコーヒー粉を入れます。

2015111110

説明書の通り、少し蒸らしてからお湯を注ぎます…

メッシュなので、紙と違ってドリップされる速度が少し早いです。

ペーパーフィルターの場合はコーヒーが「ポトポト…」と落ちますが、これは「ジョロジョロ…」と落ちますので、気持ちゆっくり目にお湯を注ぎます。

2015111113

カッティング部分からカップの中を見ることができますが、カップの口径が小さいと見えにくいことも。

2015111112

コーヒー粉は中挽きを使いましたが、メッシュを通過する微紛が少し出ます。

底に残るため最後で味が若干濃くなります。

これは好みになりますね。

私は特に気になりませんでした。お茶だって出ますし。

同じようなものかと。

2015111115

まとめ

ペーパーフィルターを通さないので、コーヒーの成分がストレートに出ます。

その分、濃いというかマイルドな味に。

好みの分かれるところですが、同じコーヒーでもペーパーフィルターの有無で異なった味になるので、変化を楽しむには良いと思います。

やっぱり最大のメリットは手軽にドリップができることでしょう。ペーパーフィルターが無くても使えるのは意外と便利だったりします。

良い点

・ペーパーレスでコーヒーが淹れられる

・さまざまな口径のカップに対応

・コーヒーの旨み成分がろ過されずに抽出される(これは好みかも)

注意したい点

・メッシュフィルターの構造上、コーヒーの微紛が少し出てしまう(これも好みが分かれるところ)

・ゴミを捨てるのはペーパーの方が楽

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。