ぷららモバイルLTE 定額無制限プランを長期使用した感想

スポンサーリンク

ぷららモバイルLTEの定額無制限プラン。

その名の通り、格安SIMの中では通信容量の制限が無いのが特徴ですが、利用には押さえておきたいポイントがあります。

定額無制限プランならデータ専用SIMがおすすめ

定額無制限プランはデータ専用SIMと音声通話付きの両方から選ぶことができます。

定額無制限プランでおすすめなのは、データ専用SIMをサブ端末(タブレットやルータ)で組み合わせる方法です。

メイン端末(スマートフォンなど)で使う場合は、通信速度(最大3Mbps)がネックとなりますので、音声通話付きなら速度制限の無い定額プラン(7GB/月か110MB/日)にするのが良いです。

プラン変更は簡単

2015年8月から一部のプラン変更がオンラインで完結できるようになり、定額無制限プラン⇔定額プランへの変更手続きが簡単になりました。

毎月2日~月末までに変更手続きをすれば、翌月1日からプラン変更ができます。(1回/月まで)

プラン変更で注意したいのは下記の通り。

※ プラン変更は月に一度まで、毎月2日から月末までの期間にお申し込みいただけます。(毎月1日はお申し込みいただけません。)

※ プラン変更お手続き後はキャンセルできません。

※ SMSオプションの有無は変更できません。

※ SIMカードのサイズは変更できません。

※ データ専用SIMから音声通話付きSIMへ、もしくは音声通話付きSIMからデータ専用SIMへは変更できません。

plalaホームページより

手続きはオンラインで完結しますので、非常に簡単です。

「マイページ」へログイン後、「利用状況照会」を選択。

2015120803

「その他オプションサービス」から、ぷららモバイルLTEの設定・変更を選択。

2015120804

変更するコースを選択します。

便利なのは、費用が掛からずに月単位で変更が可能なところ。

例えば…

・7GBの容量制限でも速度が必要な場合

・普段は定額プランで長期休暇等で利用が多い月は、定額無制限プランに切り替え

といったように、使い分けも可能となります。

2015120805

無制限は制限なし

ウチでは、データ専用SIMをSIMフリータブレットで使っています。

家族でタブレットを共用使用したり、PCのテザリングで使ったりと、集中使用で使い倒していますが、速度制限は一切掛かりません。

実際は無駄に使っているわけではないのですが、最近はアプリやアップデートなどの容量も大きくなってきているため、必然的にデータ使用量も増えてしまいます。

2015120801

時間帯での速度低下は避けられない

で、良いことろばかりではありません。

最大3Mbpsですが、時間帯のバラつきが大きいです。

特に使用が集中する時間帯(夜間とか)は、1Mbpsを下回ることもあります。

こりゃダメだ…と思ったら、スマートフォンでのテザリングに切り替えたり、容量の多いダウンロードは寝ている間に行うなどの対策が必要です。

期待しすぎない

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランを使う場合、確かに容量は無制限なんですが、制約がある事も理解しておく必要があります。

完璧ではないので、期待しすぎない…ことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。