N-WGN パワードサブウーファー「TS-WX120A」の取り付け

スポンサーリンク

N-WGNにパワードサブウーファー・carrozzeria「TS-WX120A」を取り付けました。

本体がコンパクトなので軽自動車のようなスペースが少ないクルマでも、シート下の僅かなスペースに設置することが可能です。

取付手順

助手席シート下に取り付けます。

シートレールを固定しているボルト(13mm)と配線を外したらシートを後方にずらします。

2015121318

ワイヤードリモコンとシステムケーブルをカーペット下に配線します。

システムケーブルは標準だと長すぎるため、余分をカットして接続します。

2015121319

カーオーディオ側のサブウーファー端子とシステムケーブルを、RCAコードで接続します。

接続部分が外れないように、ビニールテープを巻いておきます。

2015121320

RCAピンケーブル(オスーオス)は付属していないため、別途用意する必要があります。

2015121501

電源の配線です。

TS-WX120Aは最大消費電力が7Aと小さいため、電源はヒューズボックスから取ります。

シートヒーターの20Aヒューズが空いていましたので、ここにヒューズ電源を差します。

2015121310

エンジンルームからの電源引き込みが不要なので作業が楽です。

※必ず20Aの空きヒューズを使用してください。

2015121322

ワイヤードコントローラーとシステムケーブルをサブウーファー側に接続します。

2015121315

ワイヤードリモコンは付属のマジックテープでコンソールに。

2015121914

本体は別売のマジックテープ(フック)を貼り、フロアカーペットに固定しました。

2015121311

若干フロアマットと干渉しますが、上に載せてもシートスライドは大丈夫です。

2015121916

2015121920

低音は指向性が無いので、シート下の設置でも十分な低音を響かせてくれます。

適度な低音は音楽全体に重厚さを加えてくれますので、聴いていて楽しくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。