ステップワゴン スパーダに特別仕様車「Advance Package(アドバンスパッケージ) α/β」

スポンサーリンク

ホンダ・ステップワゴン スパーダ/クールスピリットに、特別仕様車「Advance Package(アドバンス・パッケージ) α/β」の2タイプが設定されました。

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と「リア右側パワースライドドア」を標準装備した特別仕様車です。

2015121909

画像:honda.co.jp

特別装備内容

Advance Package α/β共通として、下記が標準装備されます。

・Honda SENSING(ホンダセンシング)

・リア右側パワースライドドア

2015121908

画像:honda.co.jp

αとβの個別装備としては、下記が加わります。

【α】

・インターナビ(ETC付)

・リアエンターテインメントシステム

【β】

・ナビ装着用スペシャルパッケージ(ETC付)

スパーダ(FF)のカタログモデルとアドバンスパッケージβの価格差を比較すると、115,000円。Honda SENSING装備と両側パワースライド化を考えると、買得感は非常に高いですね。

やっぱりスパーダ

RP系ステップワゴンも街中で見かけることが多くなりました。

販売構成比率ではスパーダが約70%と圧倒的人気です。特にスパーダはローダウンさせると、標準車高の腰高感が消えてグッと精悍な印象に変わりますね。

こちらはRS-Rの車高調装着時。

車高以外は純正のままですが、ローフォルムが似合います。

2015121906

画像:RS-R.co.jp

TEINからも。

いいですね。

2015121907

画像:TEIN.co.jp

東京オートサロン2016に出展される「STEPWGN Modulo CONCEPT」は、今後市販アクセサリー化されそうですね。

2015121917

画像:honda.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。