ガンダムの美しいアート「ガンプラ・パッケージアートコレクション」

スポンサーリンク

ガンプラのボックスには美しいイラストが描かれていますね。

現在販売されているMGやHGUC以前の、昭和に発売されたガンプラのパッケージアートを集めた「ガンプラ・パッケージアートコレクション」があります。

当時夢中になった、昭和のガンプラ世代には懐かしい一冊です。

1st~MSVまで網羅

1stガンダム~MSVまでの、MS・MA・戦艦のパッケージアート134点を網羅しています。(一部原画が無いものは、代わりに欧米版が掲載されています。)

2016010702

ガンダムのイラスト。

パッケージに描かれていたパイロットやロゴは一切なく完全な原画です。

国内版(左)と珍しい欧米版(右)の紹介もあります。(欧米販売時、銃火器を持ったイラストは規制でNGだったため変更されています)

2016010703

紙質が良いので原画も映えます。

2016010704

ガンキャノンとガンタンク。

2016010705

ホワイトベースやサラミス、ムサイなど戦艦も。

2016010706

シャア専用ザクと旧ザク。

2016010717

量産型ザク。

左は1/100スケール版で、右は1/60スケール版。

2016010707

ガンダムUCで活躍したゾゴックとジュアッグ。

HGUC版も出ていますね。

2016010708

2016010709

MSVシリーズも網羅しています。

1stシリーズに比べ、よりリアルなMSと情景が描かれています。

2016010714

躍動感のあるイラストです。

2016010715

コミック・ボンボンで連載されていたマンガ「プラモ狂四郎」から誕生した、パーフェクトガンダムとパーフェクトジオング。

「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ!」

2016010716

FCM(フルカラーモデル)版のイラストもあります。

2016010710

ジオラマ風の「ガンダム情景模型」は、初期版と現行版の2パターンがあることを初めて知りました。

2016010711

巻末にはガンプラのパッケージ写真が掲載されています。

おもちゃ売り場で見たパッケージですね。

2016010712

日本版と欧米版の違いも詳しく掲載されています。

ガンダムとゲルググは、武器が差し変わっていますが他は素手。

1/100シャア専用ザクはファイティングポーズ…。

2016010713

まとめ

当時ガンプラを作っていたら、間違いなく懐かしさに浸れる一冊です。

子供の頃、このパッケージアートを見るとガンプラが欲しくなってしまったんですよね。作りたくなる衝動に駆られる不思議な魅力が詰まっています。

また、大人になって改めて見てみると、非常に繊細に描かれているのに驚きます。手描きなんですよね。

価格が少し高めですが、好きなら十分に満足できる内容です。

ガンプラ作りたくなりますよ…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。