低価格PCスピーカーの銘機 ロジクール「Z120」

ロジクールのPCスピーカー「Z120」

低価格と聴きやすい音質で評価が高いPCスピーカーです。私も2011年の発売時に購入してから4年ほど使い、今回新たに買い直しました。

低価格を感じさせない作りと音質

2011年6月に発売されたZ120は既に後継機が出ているため、生産は終了しているのですが、amazonでは在庫(2016年1月11時点)がまだありました。

2016011009

取扱説明は箱に記載されています。

2016011010

白い本体にブラックのフロントパネル。

デザインでチープさを上手に隠していますね。

ユニットは密閉型フルレンジスピーカーで大きさは50mm、アンプ出力は0.6W×2、重量は片側約250gです。

2016011003

入力はステレオミニプラグで、電源はUSB給電です。

ケーブル長は両方とも1200mm。

2016011002

電源ランプと電源スイッチを兼ねるボリューム。

2016011004

当時は、スイッチレスの「Z110」という機種も、オンラインショップ限定で販売されていました。

2016011203

画像:logicool.co.jp

片方には控えめなロゴが。

2016011007

コードは巻き取り、背面に収納することができます。

スピーカー間コードは800mmで、本体に直付けとなっています。

2016011005

底面には滑り止めのクッションが貼られています。

2016011008

少し上向きの角度が付いているので、デスクトップでの使用に適しています。

2016011006

「聴きやすい」フラットな特性

多くの方が高評価している音質。

ピンクノイズで測定してみました。

2016011201

カタログスペックでは再生周波数帯域が140Hz~18kHzとなっています。

実際に測定すると、ほぼそれに近いグラフになりました。

グラフを見ると、音楽で重要となってくる100Hz~4kHz帯域の音が、フラットなのが分かります。

実際に聴いてみると変なクセが無く、ボーカルなどが自然な感じで聞こえます。

低音域は無理ですが、中高音域の明瞭感が高く、聴いていて疲れないのが特徴です。

こうした部分が高評価に繋がっていると思います。

2016011202

まとめ

USB給電のPCスピーカーでは、他にサンワダイレクトの「400-SP018」も所有していますがこちらも、低価格ながら良いPCスピーカーです。

ACアダプターが無い分、出力は小さいですがデスクトップ用途なら十分ですよ。

良い点

・チープさをあまり感じさせないデザイン

・フラットな音質で聴きやすい

・USB給電なので、テレビ用スピーカーとしても実用的

注意したい点

・スピーカー間コードが短い(800mm)

・低音域は無理

・在庫限り

低音域が弱いので音楽鑑賞用には不向きな面もありますが、BGMなど音楽を聞き流すような用途には最適なPCスピーカーです。

スポンサーリンク