便利な「グルーガン」 いろいろな物を簡単接着

スポンサーリンク

熱で溶けるボンドで接着するグルーガン(ホットボンド)は、様々な材質の物を素早く簡単に接着することができます。

多用途で使えるグルーガンは、カーDIYにおいても非常に役立ちます。

グルーガンとは

本体はピストルのような形状で、スティック形状の樹脂(グルースティック:ホットメルト接着剤)を熱で溶かして接着する道具です。

木・紙・布・プラスチック・ガラス・金属・陶器など幅広い接着能力を有していること、数秒で接着できる高い作業性、有機溶剤を含まない不燃性で高い安全性などが特徴です。

2016020609

グルースティックは3本同梱されていますが、直ぐになくなってしまうので予備は必須。

2016020610

グルースティックは直径違いでφ11.5mmとφ7.5mmがあります。

家庭での少量接着ならφ7.5mmで十分。

色はクリア以外にもカラフルなグルースティックがあります。接着素材に合わせたグルースティックを使用すれば目立たなくなります。

2016020614

使い方は簡単。

コンセントを差すと電源が入りますので、5分ほど置いてヒーターを温めます。

後方からグルースティックを挿入しトリガーを引くと、グルースティックが中に送り込まれていきます。

2016020615

すると、熱で溶けた樹脂が先端から出てきますので、トリガーで排出量を調整します。

数秒で硬化してきますので、素早く接着。

2016020616

適当な物を接着してみました。

接着の強さは「適度に強力」

割と強く接着されるので、ちょっとした固定なら十分です。

2016020617

2016020701

2016020702

カーDIYでも用途は広いです。

ギボシ端子の絶縁に。

上に盛ることができるので、厚みをつけることができます。

2016020618

カプラ内の固定に。

硬化しても弾力性があるのと接着面を傷めないので、コードや端子の固定に適しています。

2016020619

内装部品の改造で、エアコンダクトを塞いだ際の空気漏れ防止に。

耐熱温度は50℃あります。

2015120613

100円ショップ品との比較

家庭用のグルーガンは安価に購入できますが、100円ショップでも販売されています。

右側がそれまで使っていた100円ショップ品。

本体の大きさは同じくらいですが、電源コードが短いので延長コードは必須です。

2016020611

構造は同じですが、ヒューズや電源コードのグロメット有無が異なります。

2016020612

2016020613

作りの差はありますが、100円ショップ品でも十分使えますし、逆に100円これだけの製品が作れることは凄いです。

ただ、ヒューズが付いていなかったりコードが短かったりと、価格相応な部分はあります。

まとめ

グルーガンはプロ用もあり、家庭用以外に産業でも幅広く使用されています。

接着力はグルースティックの成分や融解温度で変わるようで、高温用は190℃前後、低温用は130℃前後に設定されています。

このグルーガンは低温用ですが、ノズル温度が160℃と割りと高めなこともあり接着力は十分です。

大きな面積で強力な接着力を必要とするなら、高温用でφ11.5を使用するグルーガンがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。