carrozzeriaチューアップツィーター「TS-T420」に換装

純正スピーカーに手軽にアドオンできるcarrozzeriaのチューンアップツィーター。

N-WGNには旧モデルの「TS-T410」を装着していましたが、これをステップワゴンに移設するため、新たに「TS-T420」に換装しました。

デザイン刷新

上位機種のTS-T720と同様のデザインとなり、ベーシックモデルながらも高級感がアップした印象です。

2016030801

付属品は専用のハイパスフィルター付コード、取付金具一式。

2016030802

TS-T410はブラック一色でしたが、TS-T420ではスピーカーグリル外周部がメッキ仕上げになっています。

2016030803

可動式のスペーサーが付属しているので、装着の有無で2通りの設置方法が可能になりました。

2016030804

2016030805

スペーサーは若干の角度調整ができます。

2016030808

スペーサーを取り外せば、ピラーなどにも装着することが可能です。

2016030807

2016030806

付属のハイパスフィルター。

上がTS-T420付属で、下がTS-T410付属です。

スピーカーの周波数特性変更に伴いコンデンサが変更されています。

2016030809

ツィーター形状は大きく変化していませんが、再生周波数特性が変化しています。

TS-T410…2,300Hz~21,000Hz

TS-T420…1,400Hz~34,000Hz

TS-T420の方がよりワイドレンジになっています。

2016030810

取り付け

換装前の状態。
関連記事:carrozzeria「TS-T410」

2016030815

取り外して、TS-T420を設置。

取付金具は回してスペーサーにはめ込みますが、これが結構硬いのでラジオペンチなどを使うと良いです。

配線は流用できます。

ハイパスフィルターは、DEH-970側で調整しているため接続していません。

2016030811

両面テープのクッションを貼りダッシュボードに固定。

金具の張り出しが大きめなので、穴あけ加工をしない場合はスペーサーが少し浮きます。

2016030812

ドライバーに向くようにセッティング。

2016030813

軽自動車のダッシュボード上だと存在感があります。

2016030814

TS-T410とTS-T420を並べてみました。

スペーサーがある分、設置角度に大きな変化がでますね。

2016030816

まとめ

今回は旧モデルからの換装なので、取付角度以外には音質にそれほど変化は感じられませんでしたが、見た目は大きく変化しました。

いかにも「付けている」感のあるデザインです。(個人的には好きです)

気になるようであれば、スペーサーを取り外しての装着やスピーカーグリルから本体ごと取り外すことも可能なので、設置の自由度は高いです。

スポンサーリンク