ステップワゴン ツィーターの交換

スポンサーリンク

ステップワゴン(RK型)の純正ツィーターをcarrozzeriaのチューンアップツィーター「TS-T410」に交換しました。

標準装着と同じ内蔵方式にするため、本体を加工をして取り付けます。

取付方法

スピーカーカバー手前の切り掛けを持ち上げて取り外します。

切り掛け部分は変形しやすいので、小型のマイナスドライバーで少し浮かせたら、プラスチック製の内装外しを隙間に差し込んで取り外します。

2016031201

カプラを取り外します。

配線は下記の通り。

運転席は…+…-

2016031202

助手席は白…+…-

2016031203

スピーカーカバーから純正ツィーターを取り外します。

純正には1.5μFのコンデンサが取り付けられていますが、小さすぎるので3.3μFのコンデンサに交換していました。

2016031212

純正コンデンサから交換して使っていたもの。

1個300円前後で購入できますし、コンデンサを変えるだけでも効果は大きいです。

2016031207

TS-T410のツィーターとスピーカーカバーを分解しますが、これは簡単で少し回すだけで取り外せます。(TS-T420も同様です)

2016031204

標準だとコードが長すぎるので、プラス側に取り付けられているコンデンサを取り外して全長を詰めます。

2016031209

使用されているコンデンサは、純正よりも大きい6.8μF。

これは、そのまま使用します。

2016031205

コンデンサは極性が無いので、向きはどちらでも大丈夫です。

半田付けしたら、強度アップのためコンデンサの接続部分をグルーガンで固定し、熱収縮チューブでカバーしておきました。

2016031206

スピーカーカバーに固定

スピーカーカバーにツィーターをグルーガンで固定します。

(コンデンサを固定する場合は、ダッシュボードに干渉しないように位置決めしておくと良いです)

先端にギボシ端子を取り付けておきます。

2016031208

車両側のカプラもギボシ端子に加工しておきます。

後はツィーターを戻して完成。

2016031210

まとめ

弱めだった高音域のボリュームや明瞭感が、交換後は大きく向上します。

純正スピーカーとの相性も良いですね。

ツィーターが標準装着されていると配線処理が非常に楽です。

見た目も純正と変わらないため、ツィーターを目立たせたくない場合には最適な取り付け方法だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。