「妖怪ウォッチぷにぷに」と「妖怪三国志」

スポンサーリンク

スマートフォンゲームの「妖怪ウォッチぷにぷに」

妖怪ウォッチが好きな子供たちと一緒に遊んでいますが、大人も楽しめて面白いですね。

新しく妖怪三国志のぷにも登場して、更に楽しめるようになりました。

Yマネー&ひとだま集め

ゲームを進める上で必要となる「Yマネー」と「ひとだま」

課金ゲームなので、当然お金を掛ければ有利に進められますが、ウチは子供たちが遊ぶため無課金で。

人気ゲームなので、課金を避けてそれぞれを貯める方法についての情報が豊富なのも助かります。

バトルでの獲得を増やす

バトル後に獲得できるYマネー&経験値はスコアに比例します。

定番ですが、おぼろ入道のステージで

スコアアップキャラ×1体+攻撃力アップキャラ×2体+やまタン+全体攻撃キャラ×1体でスコアを稼げば、獲得できるYマネー&経験値が大きく増えます。

2016071612

攻撃キャラのぷにを揃えたら やまタンで、でかぷにを作り…

2016071610

あとは必殺技を連発

妖怪のランクや技レベルに比例しますが、技レベルが3以上あれば結構稼げます。

レジェンド妖怪やガシャ専用妖怪のために、必殺の秘伝書は貯めておくと良いです。

2016071611

ひとだまを増やす

1端末で3人まで登録できますので、ともだち登録して送りあえば簡単に増やせます。

2016032612

複数端末で運用すれば大量に。

2016032702

「妖怪ウォッチぷにぷに」は無課金ユーザーでも、かなり遊べる仕様となっているので助かっています。

妖怪三国志

コーエーテクモゲームスとのコラボレーションによる「妖怪三国志」

三国志のコラボレーション作品は数多く有りますが、妖怪と武将の多さは双方共通なのでマッチしやすいですね。

2016032704

三国(魏・呉・蜀)の主人公はそれぞれ下記の通り。

ジバニャン劉備

三国志演義で劉備は主人公として書かれていますので、ここはやっぱりジバニャン。

演義では「人徳の劉備」として書かれていますが、正史では人物像が少し異なります。

2016032705

フユニャン曹操

魏の創始者にして三国志の覇者である曹操。

演技では悪役寄りで書かれているのが残念ですが、本当は知性と武勇に優れた武人です。

共通する赤いマントを身に着けているので、これはフユニャンがベストですね。

カッコいい!

2016032706

コマじろう孫権

兄の孫策はコマさんで弟の孫権はコマじろう。

これも兄弟なのでマッチしていますね。

父・孫堅と兄・孫策を共に若くして亡くした孫権は若干19歳で後継者に。「小覇王」と呼ばれた孫策の意思を継ぎ、「呉」を建国します。

2016032707

妖怪三国志は、三国志を知るとより楽しめます。

歴史書としての「正史三国志」に対して、広く読まれ親しまれているのは、正史を分かりやすくまとめた「三国志演義」です。

歴史は難しいという方でも、横山光輝氏著書のマンガ「三国志」なら読みやすいですし、黄巾の乱~蜀滅亡までと広く網羅されています。

三国志は学生時代によく読みました。

文庫版以外にも電子書籍版もあるので手軽に読めます。

電子書籍なら唯一「ebookjapan」で読めます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。