コレクションを美しく飾る「コレクションケース」

スポンサーリンク

集めたコレクションを飾るのに最適なのが「コレクションケース」

整然と美しく並べられるコレクションケースはとても便利です。

家具のような大型から棚の上などに乗せられる小型まで、さまざまなコレクションケースがありますが、今回は小型のコレクションケースを購入しました。

小さいコレクションに最適

飾るのはミニカー(トミカ)で、選んだコレクションケースは「Nakabayashi製コレクションケース・ミニ&ワイド」です。

実売価格2,000円台で購入できる手軽さです。

2016080812

購入したのはワイドサイズ(W420xH255xD120mm)ですが、他サイズもありラインナップは豊富です。

外観はブラックまたはナチュラルの2色、棚板アクリル製、背面は鏡面仕上げとディスプレイに最適な仕様。

扉は「岡持ち」のように上から差し込む構造になっています。

2016080813

組み立て開始。

難易度はカラーボックス程度と簡単です。

2016080814

慣れていれば20~30分程で組み立てられます。

2016080815

アクリル製の棚板は保護シートが貼られています。

2016080816

標準で2枚の棚板が付属していますが、トミカのように背が低い物は間隔が空きすぎてしまいます。

そこで別売りの追加用棚板を一緒に購入しました。

2016080817

コレクションを飾ってみる

手持ちのトミカを飾ってみたところ、思ったよりも多く飾れました。

ワイドタイプの場合は棚板1枚に6~7台、ロングタイプなら2台飾ることができます。

2016081537

扉を上から差し込みます。

2016081541

気に入っているのが背面鏡面仕上げ。

飾っても後ろが見えなくならないのが良いです。

2016081538

棚板は左右のダボに乗せるだけですが、扉を閉めれば落ちることはありません。

アクリル板は5mmとしっかりとした厚みがあるので、たわむ事も無さそうです。

2016081539

棚板の有効奥行きは70mmとやや小さいです。

トミカは真直ぐに置くとサイズによりはみ出てしまいますが、斜めや横に置けば大丈夫。

2016081540

まとめ

手頃な価格ながら、外観や質感は価格以上のものを感じます。

専用ケースはコレクションが乱雑になることなく、美しく飾れるので便利ですね。

良い点

・背面鏡面仕上げやアクリル棚板など高いコストパフォーマンス

・ラインナップが多く設置場所に合わせた大きさを選べる

・棚板を追加購入できる

注意したい点

・ディスプレイするサイズの事前確認は必要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。