CASIO OCEANUS(オシアナス)のバンド調整

CASIO「OCEANUS(オシアナス)」のバンド調整をやってみました。

調整したのは、3針デイトアナログモデル(OCW-T150-1AJF)です。

バンド調整手順

バンドは「Cリング式」のため専用工具を使いますが、ネットや100円ショップ(300円でした)で購入することができます。

2016091104

ハンマー・押し出しピン(φ0.8、φ0.9)・作業台の3点がセットになっています。

2016091111

調整台の上にバンドの↓側を上にしてセットします。

(下側からピンが押し出されてきますので、作業台の穴の上にピン位置がくるように置きます)

φ0.8の押し出しピンをハンマーを使って押し出していきます。

叩き方のコツとしては、一度に押し出そうとせず、徐々に押し出すように軽めにコンコンコン…と。

2016091101

ピンを抜いた状態

2016091102

○の部分にCリングが埋め込まれています。

このCリングとピンとの間に生じる摩擦力で保持する構造です。

2016091103

Cリングは非常に小さい部品なので、紛失しないように注意が必要です。

2016091114

次のコマも同じようにピンを抜きます。

2016091105

調整分だけコマを抜き取ります。

全体の構造はこんな感じ。

2016091113

バンドを調整したら逆側からピンを挿入します。

この時、Cリングを落としたり付け忘れないように注意します。

2016091106

ハンマーで少しずつ押し込んでいきます。

2016091107

最後に他のピンと同じ位置まで押し込んで微調整。

2016091108

これで完了です。

2016091109

少しコツが必要かと思いますが、手順を確認しながら行えば自分で調整することも十分可能です。

特にネットで購入した場合などは、調整が必要になることが多いので工具は揃えておくと便利です。

2016091112

スポンサーリンク