こだわりの鞄 PORTER(吉田カバン)

スポンサーリンク

「一針入魂」「日本の職人を大切にする」という創業者の精神を受け継ぎ、国内生産にこだわり続ける吉田カバン。

老若男女年齢を問わず愛され続けている「PORTER(ポーター)」ブランドは、カバンに必要とされる高い機能性と耐久性が凝縮されています。

愛用しているPORTER

ブランド名の由来は鞄の運搬係である「PORTER」から。

そして、1983年に発売され30年以上も支持され続けているのは、PORTERの定番シリーズ「TANKER(タンカー)」です。

アメリカ空軍のフライトジャケットをモチーフとしており、丈夫なナイロン生地やデザインが特徴。

これは、Sサイズのショルダーバッグですが通勤で使用しています。

2016100406

PORTER全般に言えることですが、とにかく丈夫。

このタンカーも10年以上使っていますが、傷は金具のハゲと小さなほころび程度。

そして機能的で使いやすい。

ただ収納を増やすだけでなく、それぞれが使いやすくレイアウトされいていますので、見た目以上にたくさん入ります。

2016100407

汚れが目立たないブラックですが、年に一度は洗濯をしています。

公ではありませんが、洗濯ネットに入れて洗い、日陰干しをすれば大丈夫です。

財布は「PORTER SANFORIZED DUCK(サンフォライズド・ダック)」

ポケットに入るサイズが好きなので、こちらも長年使用しています。

経年変化によるスレや傷みも「味」があります。

ポケットに入れることが多いですが、高密度織の生地は非常に丈夫で破れません。

2016100408

最近購入したのはビジネスバッグの「PORTER CLIP BRIEF CASE(クリップ・ブリーフケース)」

出張が多いので新調しました。

1997年発売のロングセラーシリーズです。

生地はポリエステルで裏面にPVC加工をしているため、雨でも水が中に染み込みにくい構造になっています。

2016100402

こうした部分の仕立てが非常に丁寧です。

2016100403

ビジネスバッグとして機能性が高く収納も豊富。

モバイルノートやタブレットも余裕で入ります。

2016100405

底はマチになっています。

2016100404

まとめ

PORTERが他のカバンと違うのは、飽きのこないシンプルなデザインに凝縮された高い機能性、丈夫さ、使い心地だと思います。

そして、これを国内で作り続けるこだわり。

2012年放送のTV TOKYO「カンブリア宮殿」で吉田カバンが特集されていました。

職人さんを大切にする精神。

PORTERブランドは、こうした職人さん達が支えているのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。