Panasonic コーヒーメーカー「NC-S35P」を1年使って

スポンサーリンク

Panasonicのコーヒーメーカー「NC-S35P」を使用して1年。

ほぼ毎日使用していますが、粉のレギュラーコーヒーを中心に飲むには非常に便利なキッチン家電です。

分解洗浄

定期的にクエン酸洗浄は行っていましたが、特徴でもあるドームシャワー部分の水垢が気になったので分解洗浄をしました。

シャワー部のネジを3箇所取り外せば分解できます。

2016101902

本体からの配管を外してみると…

2016101904

定期洗浄では落ち切れていない水垢が。

2016101905

水垢は水から沈殿した石灰(炭酸カルシウム)なので、クエン酸に漬け置きをしてキレイに。

最後に活性炭フィルターも新品に交換して完了。

2016101903

ガラスーサーバーが割れやすい

全体的には使いやすいコーヒーメーカーだと思うのですが、気になる点が付属のガラスサーバーが割れやすいことです。

気を付けて取り扱ってはいるのですが、既に2個割れています。

単品購入も可能ですが価格もそれなりに高く、もう少しガラスが厚ければ良いのですが…。

2016101901

ということで、対策としてガラスサーバーは複数分をドリップする時のみに使用して使用頻度を下げ、一人分の時は写真のようにマグカップを直接セットしています。

付属のアイスコーヒー用プレートを使用すれば保温板の熱も遮断されカップに伝わり難いです。

高さもあるので大きめのマグカップでも大丈夫。

付属のドリッパーは3つ穴ですが、メリタのドリッパーは1つ穴なのでじっくりと抽出され味も変化します。

2016101907

後継機種「NC-R400」と「NC-R500」

2016年9月にNC-S35Pの後継機種となる「NC-R400」と「NC-R500」が発売となりました。

デザインや本体機能は踏襲していますが、カラーバリエーションが「NC-R500」はブラウン、「NC-R400」がカフェオレとレッドに増えています。

また、ドリッパー形状が改良され、「NC-R500」にはペーパーフィルターが不要なステンレスフィルターが新たに付属しています。

2016101908

画像:panasonic.jp

まとめ

構造がシンプルということもあり、特に故障も無く毎日稼動してます。

ミル機能もありますが、こちらはあまり使用していません。

豆から挽くのであれば、全自動のNC-A56が良いです。

後継機種もカラーバリエーション以外には大きく変更されていないようなので、カラーが気にならなければ価格のこなれている旧モデルでも十分かと。

お茶や紅茶もいれられるのでコーヒー以外でも重宝します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。