N-WGN フォグライトガーニッシュの塗装

N-WGNのフォグライトガーニッシュを塗装しました。

マイナーチェンジ後はメッキ仕様となりスタイリッシュに。そこで同じように塗装仕上げでデザインしてみました。

塗装手順

塗装~乾燥まで時間がかかるため、加工用に同じパーツを注文しました。

2016101601

ガーニッシュ R フロントフォグ(71102-T6G-J00) 1,188円

ガーニッシュ L フロントフォグ(71107-T6G-J00) 1,188円

材質を見るとPP(ポリプロピレン)です。

この材質は塗装の密着性が良くないので、そのまま塗装すると剥がれてきてしまいます。

そこで下地にバンパープライマーを塗り密着性を良くします。

2016102203

用意したのは、バンパープライマー・ペイントスプレー・クリアー

2016102206

そしてマスキングテープ。

3M製が使いやすくてオススメです。

2016101602

作業前に中性洗剤で洗い表面の汚れを落としたら、バンパープライマーを全体に塗ります。

バンパープライマーは速乾性なので天気が良ければ、1時間程度で乾くので次の作業に移れます。

塗装部分以外をマスキングしていきます。

コツとしましては

・境目をしっかり密着させる

・コーナー部分はマスキングテープを形状に沿ってマジックペンでトレースして、デザインナイフでカットするとキレイに仕上がる

マスキングテープ貼りの良し悪しが、塗装後の仕上がりに影響しますので丁寧に。

2016101603

マスキングが終わったら塗装です。

シルバーは隠蔽性が高く下地のブラックが透けないのでそのまま塗りましたが、レッドやイエローは隠蔽性が低いため、発色が暗くなってしまいます。

そうした場合は下地にサーフェーサーやホワイトを薄く塗っておくと、発色がキレイになります。

2016101604

塗装を厚く塗りすぎると、マスキングテープをはがした時に境目が毛羽立ったり、マスキングテープと一緒に剥がれたりしますので注意が必要です。

2016101605

塗装の境目を保護するため、クリアーを全体に塗って完成。

数日かけて乾燥させます。

2016101606

無塗装部分もクリアーを塗ることで多少ツヤが出ました。

2016101607

バンパーに取り付け

乾燥が終わったらバンパーに取り付けます。

ガーニッシュはツメで固定されているだけですが、外しにくかったのでバンパーを取り外して作業しました。

2016102202

完成した状態。

ボディ同色なので全体を塗装するよりも、形状に合せた方が立体感が良く出ると思います。

2016102205

2016102204

スポンサーリンク