N-WGN ナビ取り付け

スポンサーリンク

N-WGNにナビゲーションを取り付けました。

純正ディスプレイオーディオ「WX‐151CP」から「ダイヤトーン サウンドナビ」への換装で、リアカメラも同時に新しくしました。

リアカメラ交換

リアカメラの取り付けについてはこちらを参照ください。

関連記事:リアカメラ取付手順

今回、新たに取り付けるのは三菱純正の「BC-100」

サウンドナビへの装着にはカメラ接続ケーブル「LE-40BC」も必要となります。

2016103011

内容はシンプル。

2016110202

カメラ本体は他メーカーと同様のサイズで小型。

カプラが後付けのため配線しやすいです。

2016110203

付属の取付説明書

2016110205

2016110204

映像出力は汎用性の高いRCAピンジャックです。

2016110206

バックドアに取り付けた状態。

左右にある純正用の取付穴は使用しないですが、コードを通すグロメットは流用できます。

2016110207

バックドアを通したらカプラに端子を挿入。

2016110208

2016110209

映像コードをナビと接続。

外れないようにテープで固定します。

2016110210

電源コードはリバース信号に接続。

リバース信号線は運転席足元のヒューズボックス付近にあります。

2015070122

ナビ取り付け

取り付け前にインパネ周辺をバラします。

こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:インパネ周辺の取り外し方法

関連記事:オーディオの取り付け

取り外したオーディオパネルにブラケットを使ってナビを固定します。

化粧パネル用の金具を純正ブラケット間に挟み共締めします。

2016110212

装着した状態。

2016110213

ナビの養生も忘れずに。

2016110214

ポイントになるのがGPSアンテナの設置。

純正ではメーター奥に専用のスペースがあります。

しかし、オーディオレス車は台座が無い(別売り)のため市販の金具で代用しました。

2016110215

ホームセンターにあるL型金具とボルトを使います。

2016110211

金具に合せて6mmの穴を開け、上部の突起を削っておきます。

2016110216

そのままボルトで固定すると段差で金具がグラつくので、クッションテープを貼って防止。

これでGPSアンテナが設置できます。

2016110217

アンテナベースとアンテナを設置します。

2016110218

あとは、TVアンテナをフロントガラスに貼りハーネスを接続します。

24ピンカプラですと車速信号も来ているので従来の配線に比べると楽です。

2016110219

リアカメラやUSBコード、GPSアンテナ等を本体に接続したら機動確認。

問題が無ければ、内装を戻していきます。

2016110220

取り付け完了です。

2016110221

音出しをしてみると…

調整前ですが、出てくる音は明らかに澄んでいます。

評判通りの性能に、これからの調整が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。