carrozzeria カスタムフィットスピーカー「TS-V172A」の取り付け

スポンサーリンク

carrozzeriaのカスタムフィットスピーカー「TS-V172A」を取り付けました。

TS-V172Aは通常のスピーカー交換と違い手間が掛かりますので、一例としてまとめてみました。

必要なもの

TS-V172Aは取り付けに必要なものを揃える必要があります。

また、接続はバイアンプにて取り付けます。

インナーバッフル

ドアにスピーカーを固定するのに必要です。

材質はMDFや金属がありますが、耐久性と音質面で金属製にしました。(詳細はこちら

2016111215

スピーカー端子

スピーカー端子はプラスが187型、マイナスが110型。

エーモン(№1158)ではメス端子だけのセットもあります。

2016111230

スピーカーコード

エーモンのスピーカーコード(№1191・6m)を5個使用しましたが、作業して感じたのは…

・30m巻などの長尺が便利

→クルマの大きさやレイアウトにもよりますが、かなりの長さが必要になります。

・スピーカーコードは色分けすると作業しやすい

→ネットワークへの接続ではインプット、アウトプットの配線が必要になります。バイアンプ接続にすると更に配線が多くなるので、スピーカーコードを色分けすると作業性が良くなります。

2015110646

ケーブルターミネータ

ネットワークにスピーカーコードを接続するのに、audio-technicaの「TL14-M4Y」(Y型圧着タイプ)を使用しました。

シングルアンプ接続で6セット(赤×1・黒×1で1セット)、バイアンプ接続で8セット必要です。

2016111231

面ファスナー(マジックテープ)のオス。

ネットワークが大きいため、フロアカーペットへ固定するのに使用しました。

2015121311

取り付け

【ウーファー】

スピーカーコードは車両のものを使用せずに新しく配線しますので、ドア内部にスピーカーコードを通して端子を取り付けておきます。

2015110641

2016111232

インナーバッフルをボルトでドアに固定。

2016111233

スピーカーを接続します。

インナーバッフルの説明書では、スピーカーホール形状に合わせターミナルを上側にするとありますので、その通りに固定します。

2016111234

ボルトでスピーカーをインナーバッフルに固定。

2016111235

付属の遮音クッションをスピーカー外周に貼ります。

最後にドアライニングを戻して完成。

2016111241

【ツィーター】

TS-V172Aのツィーターケーブルは短いので延長し、任意の場所に仮固定したらネットワークまで配線していきます。

2016111237

【パッシブクロスオーバーネットワーク】

バイアンプ接続をするので、インプット側の端子金具を取り外しておきます。

2016111236

各スピーカーコードに端子を圧着して接続。

2016111239

ヘッドユニットからの出力をR側とL側の各インプット端子に接続。

スピーカーからは各アウトプット端子に接続します。

配線時にスピーカーコードにタグ(市販のラベルとか)を付けて明確にしておくと、接続ミスを防止できます。

2016111238

配線を整理したら、ネットワーク底面にマジックテープを貼り助手席下に固定。

2016111240

スピーカーを鳴らして接続確認を終えたら、内装を戻してきます。

まとめ

スピーカーコードの配線は以前にやっておいたので作業は1日で終わりましたが、配線からやるとなると2日間は必要だと思います。(取り付け前提としてはドアのデッドニングも必須です)

TS-V172Aはカスタムフィットスピーカーではありますが、ハイエンド故に付属品は最小限となり、取付環境に合せて必要なものを揃える必要があります。

ですが、今は必要なものはネットでまとめて購入できるので、大変な事ではないですね。

肝心の音は…ダイヤトーンサウンドナビとの相性も良いようで、非常に明瞭感の高い音を出してくれます。(詳細は後日…)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。