N-WGN インテリアパネルのマットブラック塗装

スポンサーリンク

インテリアパネルのイメチェンをしました。

標準はピアノブラック塗装にアクセントでシルバーのラインが入っていますが、これをマットブラック(つや消しブラック)に塗装して、落ちついた雰囲気になるように。

インパネ全体をブラックに統一しました。

材質を確認

塗装の前に材質を確認します。

厄介なのが、内外装に多く使用されているPP(ポリプロピレン)

この材質は塗装が付きにくく、普通に塗装しても剥がれてしまいますので、プライマーによる下地処理で密着性を高める必要があります。

2016102203

ホルツのバンパープライマーを使用。

フォグランプガーニッシュ塗装でも使用しましたが、速乾性で使いやすくPPやウレタンの密着性を高めてくれます。

2016120307

他のパネルはABS樹脂やPCでしたのでプラサフを使いました。

2016120306

塗料はソフト99の「つや消しブラック」

メタリックが入っていないので、乾燥が早くキレイに仕上がります。

2016120308

塗装~取り付け

それぞれ下地処理をして塗装。

乾燥させたら組みつけます。

2016120301

全体をブラックで統一してシックな感じに。

2016120305

ピアノブラックとは異なる印象。

埃が目立たないのもメリットです。

2016120304

ドアライニングのガーニッシュもブラックに。

2016120302

標準よりも落ち着いた感じになりました。

2016120303

塗装前の状態。

2015070604

まとめ

メタリック系は塗装や乾燥後の光沢出し研磨が大変ですが、つや消しは乾燥早く作業がしやすいです。

下地処理をしっかり行えば、通常使用で剥がれてくる事はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。