IPF LEDフォグランプ「101FLB」

ヘッドライトやテールライト、ルームランプ、フォグランプなどクルマのさまざまな場所で使われているLED。

標準装着以外にもLEDはアフターパーツが豊富なので、DIYで交換することも可能です。

今回はフォグランプバルブをLEDに交換しました。

IPFフォグランプ用LEDコンバージョンキット

購入したのは純正部品も手掛ける信頼性の高いIPF製。

3年の長期保証が製品の信頼性を表しています。

H8/11/16の各バルブに対応しているので、幅広いクルマに取り付けが可能です。

取り付けた状態で配光調整が可能な、独自の「アウターエーミング機能」を搭載。

本体(フォグランプASSY)と結束バンドのシンプルな構成です。

本体に繋がっているのは、ノイズ低減回路や安全機能を内蔵した小型のドライバーユニット。

接続は車両のコネクタを差し替えるだけです。

LED素子や全体の作りがシッカリしています。

純正バルブとの大きさ比較。

後方のヒートシンクが大きいですが、軽自動車のスペースでも問題なく取り付けできました。

配光調整は付属のレンチを使います。

穴が灯具の外側にくるので、取付後でも調整をすることが可能です。

LEDフォグランプの明るさ比較

明るさを比較してみました。

純正(ハロゲン)フォグランプ

LEDフォグランプ

光が強くかなり明るい印象。

LEDフォグランプのみ

さすがに遠くは無理ですが、近くは非常に明るいです。

特に左右への光の広がりが大きいです。

ヘッドライトのみ

HIDなので明るいですが、左右への広がりはそれほどありません。

ヘッドライト+LEDフォグランプ

前方および左右に対して明るさが増しています。

まとめ

LEDフォグランプの明るさはかなりのものでした。

フォグランプとしての機能ではハロゲンタイプやイエロータイプが有利だったりもしますが、夜間の暗い場所での補助ライトとしてはLED化が役立ちます。

帰宅時、街灯の少ない暗い場所を走行するので重宝します。

スポンサーリンク