「Nintendo 2DS」を購入

スポンサーリンク

3DSから3D機能を省くことで価格を下げた「Nintendo 2DS」

子供の3DS買い替えに伴い、3D機能不要で価格の安い2DSを新たに購入しました。

初代3DSがベース

2DSは2013年にアメリカで発売されましたが、日本では3年後の2016年に発売されました。

New 3DSと比べると2DSは初代3DSがベースとなるため、3D機能以外にも画面のサイズやCPU性能の違い、NFCやステレオスピーカーの内蔵が省かれるなど、価格を抑えるために機能を切り詰めています。

付属品は、ACアダプター・ARカード・取扱説明書・保証書。

ACアダプターが同梱されているので、ソフトを用意すれば直ぐに遊ぶことができます。

ストレート形状なので写真では大きく感じますが、実際は3DSを開いた状態と同じくらいの大きさです。

持った感触は何処と無くゲームボーイのような。

ちょうど本体の中央を支えるように持つので、意外と安定感があります。

大人の手に余裕で納まるので、子供(小学生)の手の大きさでも普通に操作ができます。

背面のカバーを外すと、バッテリーを交換することができます。

カメラは3D撮影が可能です(2DSだと表示することはできませんが)

上部はACアダプター端子とカードスロット。

中央に赤外線受発光部があります。

下部は左側にヘッドホン端子と右側にスリープスイッチ。

内蔵スピーカーはモノラルですが、ヘッドホン端子はステレオに対応しています。

左側面にはボリュームスイッチ。

右側面にはタッチペンホルダーとSDカードスロット。

SDカードは4GBが既に装着されています。

まとめ

今までNew 3DSを使っていて2DSに変更したのですが、子供たちからは特に不満は出ていません。

基本的に遊べるゲームは3DSと変わりませんし、3D機能も全く使っていなかったので。

子供用として使うには必要にして十分なハードでした。

購入する側としても、安いのは助かります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。