TOMICA PREMIUM No.20 NISSAN スカイライン2000 ターボRS

トミカプレミアムに昭和の名車、6代目・R30スカイラインが新たにラインナップされました。

日産・スカイライン

6代目となるR30型スカイラインは1981年に発売。

当時は、4ドアセダン・2ドアハードトップ・5ドアハッチバック/バンと多彩なボディタイプを揃えていました。

ターボモデルは1983年に追加され、当時のキャッチコピーは「史上最強のスカイライン」

画像:nissan.co.jp

1983年のマイナーチェンジではフロントデザインを大幅に変更。

シャープなデザインは「鉄仮面」の愛称が付いています。

画像:nissan.co.jp

トミカのデザインとなったのは前期モデル。

プレミアムに相応しく、ヘッドライト・テールライトにはクリアパーツを使用しています。

また、ゴールドのホイールが当時の雰囲気を醸し出しています。

エムブレムやマフラーも再現。

サイドに貼られた「4 VALVE DOHC RS-TURBO」

性能を誇示するデカールは1980年代は特に多く、時代を感じます。

内装も塗装されていますが、少し雑な感じです。

トミカ スカイラインを改造

トミカプレミアムは細部も表現されていますので、塗装の修正が中心となりました。

2トーンのブラック部分は、内側まで十分に塗られていなためツヤありブラックで修正。

化粧ナンバープレートを追加。

ヘッドライトは本体のレッドが透けていたのでシルバーで修正。

内装も塗り直しました。

レッドのボディカラーにレッドのシート。

似合います。

リアはガラスモールとマフラーの中央をブラックに塗りました。

ホイールはブラックでスミ入れをすると立体感が出ます。

1980年代は個性的で魅力的なクルマが非常に多かった時代。

スカイラインもそんなクルマの1台ですし、ラインナップされたことに感謝です。

スポンサーリンク