TOMICA NISSAN スカイライン GT-R(BNR32)

歴代のGT-Rをセットにした、トミカギフト「栄光のGT-Rセット」

トミカはGT-Rのラインナップが多彩ですが、こちらには新金型版のR32スカイラインが同梱されています。

日産 スカイライン GT-R(BNR32)

R32(BNR32)スカイライン GT-Rは1989年8月に発売。

当時の最新電子制御技術「ATTESA E-TS(アテーサ E-TS)」や「Super HICAS(スーパーハイキャス)」などを採用し、エンジンは専用設計されたRB26DETTを搭載。

画像:nissan.co.jp

スカイラインはポテンシャルの高さだけでなく、その美しいスタイルも特徴でした。

画像:nissan.co.jp

トミカギフト「栄光のGT-Rセット」に、新金型版のR32が同梱されています。

ボディカラーはイメージカラーだったガングレーメタリック。

塗装は少なく、フロントはウインカー部がオレンジに塗られているのみ。

リアの塗装もテールライトのみと寂しい状態。

トランクスポイラーはボディと一体になっています。

トミカ・R32 GT-Rを改造

新金型ということもあって造形は十分なのですが、色がほとんど塗られていません。

また、マフラーが省略されているので追加をしました。

プラ棒をマフラー形状に削り…

シャシーに接着。

内装もカタログを参考に塗装。

ボンネットやフェンダーのエムブレムは小さすぎるため、デカールでなく塗装で表現してみました。

こんな感じで。

フロントはウインカー部分の塗装を落として、クリアーオレンジで再塗装。

グリルやバンパー、フロントスポイラーをつや消しブラックで塗装。

トランクスポイラーの空き部分はブラックで誤魔化しています。

マフラーの有無でリアの印象も変わります。

ホイールは黒鉄色に茶色を少し混ぜて、実車の色に近づけてみました。

モノフォルムシートの形状も良くできています。

インパネでは特徴の3連メータを再現。

ドアにクリアパーツが無いので内部が良く見えます。

R32 GT-Rはセット販売品となりますが、単品ですとドリームトミカ版が同じ金型です。

新金型版はデザインが良いのでカスタマイズにも適しています。

スポンサーリンク