高解像度化で読みやすさが向上 amazon「Kindle Paperwhite」

300ppiの高解像度になった新しいKindle Paperwhite(2015モデル)良いですね。

従来はタブレットで電子書籍を読んでいましたが、長時間の読書では目の疲労やバッテリーの消耗が激しいことから、電子書籍リーダーを購入した次第です。

薄い・軽い・シンプル

キャンペーン情報標示の有無で価格が変わります。

価格差は2,000円でしたので、「無し」のWi-Fi版を購入しました。

2015070537

2015070511

構成品はシンプルで、本体の他に多言語の説明書とUSBケーブルが付属しているのみです。

2015070513

日本語での説明は見開きのみ。

初期設定の流れは電源ON→Wi-Fi設定→amazonアカウント設定→ホーム画面と進めていきます。

スマートフォンの操作に慣れていれば、特に難しくはないと思います。

2015070512

本体はシンプル。

装飾を廃したデザインは読書に集中できるデザインです。アクセサリーも豊富なので購入後のカスタマイズの楽しみもあります。

2015070514

ボタンは右側の電源のみ。

中央にLEDランプ、左側にmicro-USB端子があります。中央はLEDランプです。

2015070516

充電中はオレンジ色に点灯、電源ボタン操作時はグリーンに点灯します。

2015070532

背面から縁までラバーコーティングされているので滑りにくくなっています。

2015070535

薄さは約9mm、重さは200gと薄くて軽量です。

2015070517

amazonロゴは上部に。

2015070533

初期設定

電源を入れると初期設定に進みます。

2015070518

言語を選択してWi-Fiを設定します。

周辺に電波があれば自動で拾ってくれます。

2015070536

amazonアカウントに紐づいているので設定は簡単です。

2015070520

設定が終了するとホーム画面が出てきます。

(下の広告は設定で消すことができます)

2015070521

まとめ

e-inkを使用した画面は普段見慣れたスマートフォンの液晶画面とは全く異なり、紙の印刷物に非常に近いです。

これは初めての感覚で、視認性が高く文字が非常に見やすいです。

2015070527

視野角が非常に広く画面の映り込みが無いので、明るい場所でも見やすくて目の負担が少ないです。

暗いところでもバックライトが内蔵されているため、照度を調整して読むことができます。

良い点

・まるで印刷物のような画面は映り込みが無く、視野角が広く見やすい

・約200gと軽量なので手に掛かる負担が少ない

・消費電力の少なさは驚異的で、画像を保持するための電力は不要・画面の書き換え時も極少

注意したい点

・電子書籍に特化した端末のため、スマートフォンとは異なる

・メモリは4GB(ユーザー使用領域は約3GB)なので、容量の多いコミックはクラウド管理が基本

・キャンペーン情報ありは2,000円安いが、広告表示が気になる場合は「なし」に

スポンサーリンク