TOMICA No.39 Audi R8 Coupe

Audiのフラッグシップスポーツ「R8」

初代に続き、2代目がトミカにラインナップされました。

Audi R8 Coupe

初代R8が登場したのが2006年。

それから10年後の2016年に2代目が登場しました。

搭載される自然吸気の5.2リッターV10エンジンは610PSものハイパワーを発生し、最高速度は330km/hにも達します。

そして、その強大なパワーはフルタイム4WDの「quattro」で効率的に路面に伝えられます。

まさにAudiの技術が凝縮されたスーパースポーツカー。

画像引用:http://www.audi.co.jp

トミカ版R8は、初回特別仕様がマコウブルー・クリスタルエフェクト、通常仕様がダイナマイトレッド。

ミニカーながら低重心ボディの雰囲気もあります。

エンジンの造形や前後エムブレムもしっかりと再現。

トミカ Audi R8 Coupeを改造

ベースの出来が良いので、細部の塗装を中心に仕上げてみました。

ヘッドライトはLEDラインを上書き。

フェンダーにあるV10エムブレムが無かったので追加しました。

テールライトは発色を良くするため、シルバーで下地を塗ってからクリアレッドを塗っています。

つや消しブラックでタイヤを塗ると質感が出せます。

「魅せる」エンジン。

かなり細かい部分ですが、ここは重要ポイント。

初代R8と並べてみました。

初代は曲線美、2代目は直線美といったところでしょうか。

個性的なリアデザイン。

エンジンの造形は両方とも凝っていますが、クロスバーが無い初代の方が良く見えますね。

ミニカーながらカッコよさが十分に伝わる出来です。

スポンサーリンク