TOMICA No.17 BMW i8

BMWのフラッグシップスポーツカー「i8」

最新のプラグイン・ハイブリッドスポーツカーがラインナップされました。

BMW i8

2009年と2011年にコンセプトモデルが2回発表され、2014年に量産車が発売された「i8」。

近未来的なデザインに加えて、真上に開く「シザードア」が特徴です。

ガルウイング(カモメの翼の意)ドアとは異なり、ドアヒンジがハサミの蝶番(ちょうつがい)の様であることから「シザー(ス)ドア」と呼ばれています。

画像:bmw-i.jp

パワートレインはフロントに電気モーター(131ps)、リヤには1.5L3気筒ターボエンジン(231ps)を搭載。

システム全体では362ps・58.1kgm/rpmと1,500kgの軽量ボディと相まって、0-100km/h加速は4.4秒・最高速度は250km/hを誇ります。

トミカ版i8は非常に良くできています。

ホイールアーチよりも低いボンネットが再現されていますし、特徴的なブルーラインもしっかりと塗り分けられています。

車体色はアイオニック・シルバー。

ドアの開閉ギミックが無いのは残念なところですが、価格を考慮すれば十分な仕上がりです。

トミカ BMW i8を改造

ロー&ワイドのデザインを活かすのと、内外装の修正をしました。

フロントはオリジナルの雰囲気が良かったので、手を加えずにナンバープレートの装着のみ。

リアは省略されているバンパー内のマーカーとエムブレムを追加してみました。

テールライトはクリアレッドで再塗装。

オリジナルはフェンダーの隙間が大きすぎるので、ローダウンしてバランスを取りました。

グラスエリアが大きく内装が良く見えるので、アイボリーホワイトで塗装しました。

乗車定員は2+2シーター。

インパネの造形も凝っています。

ボディを取り付けるとこんな感じ見えます。

内外装とも非常に手の込んだ作りになっていて、ホイールを換えればプレミアムモデルとしてもいけそうな仕上がりです。

スポンサーリンク