Honda S660を契約しました

発売当初から気になっていたHonda・S660。

2年越しでようやく購入しました。

発売直後は、その人気から納期が非常に長かったですが、需要が一巡した現在では1ヶ月程で納車になるそうです。

試乗の印象

発売当初の試乗では、普段乗っているクルマのような快適な車内環境とは程遠い強烈なものだったのを覚えています。

潜り込むように乗り込むと、着座位置が低いシートにドライバーを中心としたコックピット。

「その気」にさせるインテリアは、いやがうえにも期待が高まります。

走り出すと、セダンやコンパクトカーさえもミニバンのように見える視界は、実際の速度よりも体感速度が早く感じられます。

路面を感じながら走る感覚、リアからのエンジンサウンド、6MTの操作感…それはスポーティカーではなくスポーツカーと呼べるものでした。

普通のクルマでは体感することのできない感覚。

等身大のスポーツカーとして、S660は日常の単なる移動を非日常の世界に変えてくれます。

実用性は限りなくゼロですが、逆に中途半端でない事に潔さを感じます。

ここまで尖がったクルマは不便さを許容できないと乗れないですが、それ以上の魅力が詰まったクルマであることには間違いないと思います。

購入には熟慮も必要

S660は2シーターですし、荷物も積めないため実用性は期待できません。

このクルマに実用性を求めてはダメでしょうが、実際問題としてこれが一番悩むところでしょう。

セカンドカーであれば問題ありませんが、ファーストカーとしてS660のみを所有するとなると相応の覚悟が必要です。

実際、私も結構悩みましたが、最終的には家族用のステップワゴンがあるため、S660は通勤用として自分が乗るだけだから何とかなる…と判断して購入に踏み切りました。

S660の販売状況

発売時は生産台数の少なさから、半年~1年待ちも話題となりましたが、初期需要が一巡した現在では概ね1ヶ月程度で納車になります。

ところで、現在ではどのくらい売れているのでしょうか。

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)のHPを見ると、毎月の車種別の販売台数を確認することができます。※参考:軽四輪車通称名別新車販売確報

これを見ると…

2015年度は12,527台

2016年度は8,246台

2017年度上期(4月~9月)で1,674台

ダイハツ・コペンも1,356台と、同じような台数でした。

S660の月度販売計画台数は800台とありますが、現在では200台~300台が月平均のようです。※参考:Hondaニュースリリース

国内販売のみということも考えると、この程度の台数推移が続くのではないでしょうか。

そして契約

S660は装備の充実した「α」と質素な「β」の2タイプ。

装備の差が20万円の価格差になっていますが、走りに関する部分は共通ですし、パーツ交換前提なので価格の安いβの6MTに。

メーカーオプションはいずれも必要性が低かったため無しにしました。

値引きがほとんど期待できないのは分かっていましたので、下取りができるだけ高くなるように査定サイトを利用して交渉。

クルマの一括査定サイトを利用しました

専用ボディやパーツが多いので仕方がないとは思いますが、軽自動車で200万円超えは時代ですね。

納車が楽しみです。

スポンサーリンク