フロントグリルにメッシュを取り付け

フロントグリルにメッシュを取り付けました。

ドレスアップ効果だけでなく、飛び石や虫などからラジエターをガードするのにも役立ちます。

素材選び

昔は金属製メッシュを使用していましたが、鋭利な形状からケガもしやすく加工も割と面倒なことから、プラスチック製の「トリカルネット」を代用しました。

トリカルネットはプラスチック(ポリエチレン製)のネットで、産業や土木用として幅広く使われています。

クルマ用としてはABS樹脂のハニカムメッシュもあります。

網目の大きさで種類が分かれています。

黒のH03タイプ(13mm×13mm)を近所のホームセンターで購入。

切り売りでの購入サイズは1000mm×600mmで、価格は630円でした。

フロントグリルに取り付け

トリカルネットはプラスチックなのでハサミで簡単に切れますし、軟らかいのでグリル形状に沿って固定ができます。

フロントグリルへの固定は結束バンド(タイラップ)を使いました。

目立たない部分にドリルで穴を開けて固定していきます。

ロック部分が内側にくるようにすると目立ちません。

少し大きめにカットしておき、固定してから余分を切るとキレイに仕上がります。

S660の場合は4分割で取り付けないと、バンパーが戻せませんので注意が必要です。

取付後はラジエターが目立たなくなりました。

網目の大きさもちょうど良く、これなら風の流量を確保しつつ小石や虫の流入が防げます。

今後、ネットが傷んできても低コストで再施工できるのがメリットですし、デザインを重視するならハニカムメッシュも良さそうです。

スポンサーリンク