事故車の買取りサービス

クルマが故障や事故など何らかの理由で動かなくなってしまったり、過走行で査定額が付かない場合、気になるのが処分をどうするか…という事ではないでしょうか。

廃車をするには費用が掛かりますし、手続きも必要になります。

昔は廃車として購入店で引き取ってもらうのが一般的でしたが、近年はこうしたクルマにも価値を見出して買取りをしてくれる専門業者がいます。

事故車や多走行車だからと諦めてしまう前に、専門業者に相談してみるてはどうでしょうか。

意外な価格が付くこともあります。

事故車の流通経路

実際に買取りされたクルマは下記ルートで流通しています。

海外輸出

事故車や不動車の多くは海外に輸出されています。

国内では修復歴有りとなると流通評価が非常に低く、またユーザーも敬遠してしまうため、ほとんどが海外に輸出されます。

損傷の軽微なものは修理をしてから海外で販売されますし、ハーフカット(切断)されたりもします。

海外輸出される背景としては、修復歴よりも日本車ブランドが重視されたり、動けば抵抗無い、修理・レストアする…など価値観の違いが主な理由です。

※中古車・中古部品・廃棄物の国際取引については、「バーゼル条約」に基づき、国内でも「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(通称:バーゼル法)」で管理されています。

パーツ(部品)取り

クルマとして利用できない場合は、解体されパーツ取りをされます。

輸出もされますが、一部は「リビルト部品」として国内でも再生利用されています。

解体

パーツ取りされたクルマは最後にスクラップとして解体処分されます。

事故車の買取り

事故車の修理見積りは高額になる場合が多いため、修理するよりも売却して代替車の資金に充てた方が結果的に良い場合もあります。

そうした事故車の買取りでおすすめは、損害車リユースのパイオニアである株式会社タウ

画像:http://www.tau-reuse.com/

実際の買取事例を見てみると、クルマの種類や年式によってはかなりの金額が付いています。

また、下記のように買取りでのサービスも充実しています。

・不動車でも出張査定してくれる

・名義変更や税金還付手続きを無料で代行してくれる

私も過去に一度お世話になっています。

追突事故に遭ってしまい最終的に買い替えとなったのですが、事故車は買い取ってもらいました。

初度登録から2年落ちということもあり価格が高かったのに加えて、名義変更手続きも無料で代行してくれて、手続き完了後は車検証のコピー送付がありました。

事故車の買取りは、金銭的な負担を軽くするという意味は最良の選択方法だと思います。



スポンサーリンク