新車購入のポイント

新車を購入する際のポイントをまとめてみました。

乗るタイミングから逆算して交渉

クルマは色・グレード・メーカーオプションなどで納期が大きく変わります。

メーカーや販売店に在庫があれば契約から納車まで1~2週間ほどで済みますが、発売直後の人気車や受注生産車となると1ヶ月単位で待つことも多いです。

例えば車検で乗り換える予定なら、3ヶ月前くらいから早めに行動すると、余裕ある交渉ができます。

車検が切れてしまい、新車の納期も数ヶ月だったら…長期間の代車生活となるような状況も回避できます。

購入時期は何時が良いのか

結論から述べると、やっぱり「欲しい時が買い時」です。

いろいろな情報では9月や3月の決算月をオススメしています。

確かに決算月はセールスの販売目標が高く設定されるため、好条件が出やすいのも事実ですが、他の月だって決算時以上の好条件は出たりもします。

個人的には時期よりも交渉プロセスが大切ですので、あまり決算月に拘らなくても良いと思います。

セールスにお得な展示車・在庫車を聞いてみたり、ローンの特別低金利などを狙ったり、知り合いに紹介してもらうのも好条件が出やすいです。

競合させる?させない?

購入の定番セオリーとしてライバル車の競合があります。

たとえばフィットだったら、ヴィッツやノート、デミオ…といった具合ですが、始めから買う気がなくても競合させるのは逆に非効率だったりもします。

本当に迷っているなら良いですが、逆に希望車種一本に絞ってしっかりと交渉したほうがセールスによっては好条件も出ます。

肝心なのは購入の意思をしっかりと伝えることです。

あと、ディーラーでは販売店同士の競合も非効率です。

オンラインで商談情報や情報が共有されている場合、テリトリーや会社の決め事などで、どちらかが手を引くこともあります。

費用カットの交渉

クルマの登録には多くの費用が掛かかります。

できるだけ少ないほうが良いので、費用カットは依頼してみましょう。

日本自動車販売協会連合会でも下記の見解となっています。

お客様が自ら車庫証明手続を行ったり、販売店の店頭で車の引き渡しを受けた場合には、それらに該当する車庫証明手続代行費用や納車費用は不要となります。

自販連ホームページより

納車費用

昔はクルマを自宅まで届けるのが多かったのですが、店頭納車が一般的になった今では引き取りに行けば納車費用は不要です。

車庫証明

自分で警察署に申請すれば印紙代のみで済みます。

ただ申請と受領で警察署に行かなければならないので、時間が無かったり慣れていなければディーラーに代行してもらうのが楽な場合も。

下取車査定料

契約時に下取車がある場合は請求されることがあります。

主に査定士の人件費ですが、クルマの状態を正確に把握するのは会社にとって非常に重要なので、会社の方針でカットできない場合もあります。

査定は複数で比較

中古車は購入も下取りも一物一価の原則です。

つまり同じ状態のクルマは2台と存在しません。

年式と車種による基本価格は存在しますが、1台ごとに状態が異なるので査定額も1台ごとに異なります。

下取りがある場合はディーラーだけでなく、中古車買取店など複数で査定をお願いしてみるのがおすすめです。

各社同じような査定額でしたら裏付けになりますが、車種や状態によっては数万~数十万で差が出ることも。

ディーラーは自社銘柄は得意ですが、他銘柄はオークションに行くことが多く、取引相場に合わせるため査定額も低い傾向になります。

一方、中古車買取店も基本はオークション相場ですが、自社で販売網を持っているところは中間マージンが少ないので高額が出る傾向に。

関連記事:車査定のポイント

残価設定ローンは内容を理解して利用

各自動車メーカーで設定されている「残価設定ローン(クレジット)」

通常にローンを組むよりも月々の支払額を少なくすることができる魅力的なローンですが、内容を理解することが大切です。

自動車メーカーの説明を見てみると

残価設定型プランとは、あらかじめ設定した3年後の価格を据え置いて、残りの金額を分割払いにするプランです。

トヨタ自動車ホームページより

数年後の買取保証額、つまり”残価“をあらかじめ設定。

その”残価”を除いた金額を分割でお支払いいただく買い方です。

一定額を最終回のお支払いに据え置くので、月々の負担が少なくなり、気軽に新車に乗ることができます。

本田技研工業ホームページより

あらかじめ数年先のクルマの買取保証額(=残価)を設定、その額を差し引いた分だけお支払いとなります。

日産自動車ホームページより

残価設定ローンは残価がローン元金から除かれているイメージがありますが、実際は最終回に買取保証額を据え置かれているだけで、ローンとして借り入れる金額そのものからは引かれていません。

自動車メーカーの説明図をみると分かりやすいです。

画像:本田技研工業ホームページより

最終回支払い時に①~③を選択する必要があるのと、規定された車両状態と比較して実際の状態(内外装・機関・走行距離など)が悪ければ下取費用が減額されて、追加費用が必要になります。

残価設定ローンを利用すれば、毎月の返済額を減らせたり、予算よりも高いクルマを購入できるメリットがあります。

また、買取額が保証されているので、中古相場に影響されないのも車種によっては有利になる場合もあります。

短サイクルで乗り換える方には向いていますが、長期間乗る方や走行距離が多い方には不向きなので、目的を見極めて利用する必要があるローンと言えます。

モデルチェンジ情報は確認しておく

購入希望車種に関する情報は事前に調べておきましょう。

検索すれば玉石混交の情報を得られますが、真相はセールスに確認すると良いです。

また、メーカーでも発売前にホームページでティザーサイトを公開したりもします。

ディーラーからの情報提供も大切ではありますが、ユーザー側から積極的に情報提供を求めるのも大切です。

購入して数ヶ月でマイナーチェンジがあったり、特別仕様車が出たりしたら…。

やっぱり最後は人間関係

売る側も買う側も人間です。

お互いのコミュニケーションが大切ですし相性もあります。

購入すれば付き合いが長くなるので、良好な人間関係で気持ちよく買いたいものです。

スポンサーリンク